1. ホーム

車を高く売るための無料査定や中古車買取の秘密を紹介

img_001

愛車を高く売る方法はいくつかあります。

しかし、
愛車を高く売るには、ネットによる一括見積が簡単で便利で、最も高く売れるでしょう。

車検証と自賠責保険証を準備して、一括見積のサイトに入力しましょう。
一括査定の方法は、とても簡単です。
一度の入力で、多くの中古車買取り会社に見積もりを依頼してくれますので、あなたはそれを待って、返事が来るのを待っているだけです。
そして返事が来たあとは、その中から最も高値で買ってくれる中古車買取会社を選ぶだけです。
ほとんどの会社が、無料で査定に来てくれます。

また、カスタムなどを行っている場合でも、ディーラーではかなり安く買取になってしまいますが、中古車買取会社に一括見積もりを行った際は、日本中にいるマニアに買取を依頼できますので、顧客候補が全国にいるため、安く買い叩かれないのです。
これは大きな流通網を持っている中古車買取り会社のメリットです。

ディーラーに販売する際は、ノーマル車が高く売れますが、ディーラー下取りは、金銭的に高く売る面ではオススメできません。
ディーラーのマージンが含まれているからです。

よって、直接、中古車市場に流すことのできる車一括査定が最も高く売れることになります。
ディーラーで新車を買う時の値引き分を差し引いたとしても、車一括査定が最も高く売れることになります

車一括査定とは

img_002

車一括査定とは、インターネット上のホームページから車の情報と、あなたの連絡先や住所を入力し、一度の入力で複数の業者にまとめて買取査定を出すことをいいます。
それによって、さまざまな業者によって値段が異なる中古車の買取価格を、複数で比較して、より高い値段で愛車を売ることができるようになるのです。

img_004あなたは一括査定サイトに情報を一度入力するだけで、あとは業者の方から電話やメールで連絡が来ます。
その後、実際に自宅など車が置いてある場所まで業者が来てくれて、実際の買取価格をはじき出します。
車一括査定で入力する項目が多ければ多いほど、詳細な見積もりがでることでしょう。

利用は無料です。
見積もりも査定も、業者が無料で行ってくれますので、安心して利用することができます。

ディーラー下取りで買い取ってもらうよりもはるかに高値で買い取ってくれるので、中古車の車一括査定はオススメです。
全国に顧客の販売網を持っていたり、オークションなどで日本中の顧客を相手に販売するため、中古車買取業者は高く購入してくれるのです。

車一括査定の使用には何の心配もありません。
中にはポイントのつくサイトもありますので、いろいろな車一括査定サイトを利用してみましょう。

中古車査定サイト

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

  • 最大10社の査定可能
  • 相場は1秒で判定可

かんたん車査定ガイドは、メーカー名、車種名、年式、走行距離を入力し、お客様情報(個人情報)を入力するだけで、最大10社から見積もりが取れます。
入力はたった45秒で完了で、愛車の相場は1秒で判定できます。
査定依頼と同時に、相場情報の確認ができるのが特徴です。

一社で見積もりを取るよりもはるかにお得です。ディーラー下取りと比べてもはるかに値引き額が大きく、お得になります。
査定はテレビCMや車雑誌等で活躍している有名な一流買取買社が登録。しつこい電話勧誘などもありません。
どのような車でも買取ができるよう、日本中に販売網を持って、全国で幅広い中古車を募集しています。
車の買取が初めての人でも、サポートが充実しているので、安心して買取を任せることが可能となるのです。

かんたん車査定ガイド公式ページ

ズバット車買取比較

ズバット

  • 最大10社の査定可能
  • 相場のチェック可

ズバット車買取比較は、メーカー、車種、年式、走行距離を入力し、あとは簡単な中古車紹介サービスを希望するかをアンケートし、個人情報を入力するだけで、トップページから簡単に中古車査定が行えるサービスです。

買取業者によって異なる中古車査定を、一括でまとめて行ってくれて、最も高いところに売ることができます。
愛車を50万以上高く売ることもでき、手続きも非常に簡単です。

買取業者によって、得意な車やほしい車が異なったり、業者ごとに独自の販売網を持っていたりするので、買取相場は異なります。よって、一括買取り査定を依頼するのが一番なのです。

ズバット車買取比較ならば、最大で10社まで一括査定依頼が可能です。
また、相場のチェックもできます。相場のチェックは、ズバット車買取査定が全国75万台の分析データから算出した買取相場情報を教えてくれます。

愛車の現在の相場価格を知っておくことも、買取りの依頼に出す際には重要です。
ズバット車買取サービスなら、相場を知ることが出来て、高額売却が可能となります。

ズバット車買取比較公式ページ

カーセンサー.net

カーセンサー

  • 10社以上の査定可能
  • 電話勧誘なし

カーセンサー.netは、複数社の見積もりを比較して、最高額で売却できる仕組みを提供しています。
入力は、メーカー、車種、車のタイプ、事故歴、郵便番号を入力するだけで簡単に入力が可能となります。

売れるまでの段取りづくり、売れるタイミングづくりのお手伝いをしてくれます。
車の買取相場は常に変動しており、季節や市場によって人気が左右されます。それによって買取価格も相場が動くのです。
モデルチェンジ時期などは相場が動きやすいため乗り換えが増え、買取りの需要と供給がたくさん発生し、結果として価格が下落しがちです。
高額買取査定を行い、新型が発売される前に手放すのが良いでしょう。

すぐに手放すつもりで、相場の上限額を手に入れましょう。
簡単なネットによる買取相場の比較によって、車を売るのに適切な業者を選ぶことによって、高額査定が可能となります。

カーセンサー.net公式ページ

楽天 無料愛車一括査定

楽天

  • 100社以上から査定先を選べる
  • 楽天ポイントがもらえる

楽天でも愛車一括査定を行っています。
査定依頼は、メーカー、車種の詳細、グレード、年式、走行距離、車体の色、車検の有効期限、排気量、アピールポイントなどと個人情報を入力します。入力項目が多いですが、その分だけ詳細な査定が可能となり、実際に近い金額の高額査定が出る可能性が高いです。

100社以上の会社から査定会社を選ぶこともでき、柔軟な査定が可能です。
楽天は大規模なポータルのため、このような柔軟な選択が可能となるのです。
ガリバーやカーセブンなどから査定先を選ぶことができます。

査定の連絡はすぐに届きますので、入力したあとは待っているだけです。
その後はご自身で査定先を選んで、売却先を決定してください。
そうしたら契約成立です。

楽天の買取査定市場は、ポイントももらえますのでお得です。
一括査定をするだけで5ポイント、契約を成立させれば1500ポイントの楽天ポイントがプラスされます。
非常に簡単で高く売れ、自宅や勤務先まで無料で買取査定に来てくれます。
査定の料金などは完全無料で利用できます。

楽天 無料愛車一括査定公式ページ

買取査定と下取りの違い

img_003

今の車を売りに出す時、買取査定とディーラー下取りの二通りのやり方があります。

買取査定

買取査定は、自分で見つけた中古車ショップに車を持ち込んで、買い取ってもらうやり方です。
ディーラー下取りは、新車を購入する際に、ディーラーに現在の車を引き取ってもらうことで、値引きなどにも使うことがあります。

基本的に、新車を購入する前提で売りに出す時、手元に多くお金が残るのは買取査定の方です。

ディーラー下取り

ディーラー下取りは、その後ディーラーが中古車市場に流通させるのに、マージンを乗せて売りに出しますので、そのマージンの分だけ買取価格が下がってしまいます。

よって、自分で中古車を買い取ってくれる業者を見つけて、売りに出した方が手元に残る現金が多いでしょう。
ディーラー下取りをする場合は、新車の値引きなどを条件として、交渉の材料に使ってみてください。

img_004たとえばホンダなど、強気であまり値引きに応じてくれないディーラーなどでの交渉のカードに使えます。
できれば、新しく買う車と現在の車が同じメーカーだと、査定額に気持ちを乗せてくれることでしょう。

下取りとウェブの一括中古車査定を比較して次の車を買う際にどちらがお得になるかをまとめました。こちらも参考にしてください。

⇒車は下取り派?買取り派?|次の車を買う場合はどっちがお得?

中古査定の流れ

中古車査定の流れをご説明します。

1.一括買取査定

img_005

まずはネットで一括買取査定を行います。
そこでは車の車種や年式、走行距離などを入れます。

そうすると複数の業者から見積もりが届きますので、車のだいたいの相場感がつかめます。
ですがこれはあくまで仮査定で、実車を見たわけではありませんので、概要がつかめるだけです。

ウェブの一括査定でみんなが気になるトピック

⇒無料一括査定後に来る勧誘電話がしつこすぎる?止める方法は?

⇒愛車が高く売れる無料一括査定会社を比較 サービスの違いはなに?

2.本査定

img_006

その後、本査定に進みます。
高い値段を提示してくれた業者を呼んで、スケジュールを調整して一気に本査定してもらいます。
エンジンルームや内装、外装などの細かい部分を査定士が見積もってくれます。
本査定であっても無料ですし、交通費を請求されることもありません。

修復歴や事故歴なども詳細にチェックされ、本査定が行われます。
ここで、メーターなどをごまかそうと思っても、査定士には見破られてしまいますのでヘタな小細工は不要です。
ここまでで、早ければ1日で完了することもあります。

業者にお金を払う必要はまったくなく、無料で査定を行ってくれます。
売却する業者を決定し、本契約に進んで車を売却します。
売却にかかる必要書類などはすべて業者が準備してくれるので安心です。

買取相場

img_007

中古車査定と、ディーラー下取りを比べてみると、車の状態にもよりますが、数十万円の差がでる時があります。
特に、ディーラー下取りは、買い取れない車もありますので、注意が必要です。
ですが、中古車買取ですと、不動車なども10万円~で買い取ってもらえることがあります。

ディーラー下取りは、新車の値引きに使えるものですが、それでも直接中古車市場に流したほうが、はるかに高い値段が付きます。
ディーラー下取りは、ディーラーが中古車市場に流す際のマージンが取られているからです。

急いでる時や面倒なときは、ディーラー下取りでいいでしょう。
時間があって少しでも手元にのこる現金を残したい場合は、中古車査定を利用するといいでしょう。
価格差は20万円程度が見込まれます。

\↓愛車の無料査定なら下の画像をタップ♪♪↓/

車一括査定に必要な書類

img_008

中古車の車一括査定に必要な書類がありますのでお知らせします。
査定に必要な書類は、車検証と自賠責保険の証明書だけです。

車検証は、車が安全基準に適していることを証明する書類です。
運転時に携行することが義務付けられており、ダッシュボードに入れている人も多いです。
紛失してしまったら、陸運局の運輸支局で再発行が可能です。

自賠責保険の証明書は、自賠責保険に入っていることを証明する書類です。
こちらも運転時には携行することが義務付けられており、ダッシュボードに入っているケースも多いです。
紛失したら、保険会社に連絡すれば再発行してもらえます。

車の売却のステップに進んだ場合は、以下の書類が必要となります。
自動車の車検証、印鑑証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、振込口座、リサイクル券などです。
それから、譲渡証明書と委任状も必要です。

軽自動車の場合は、自動車車検証と、自賠責保険証明書と、軽自動車納税証明書と、認印と、振込口座のメモ、リサイクル券です。
リサイクル券は、どちらも、預託済みの場合にのみかかります。

また、自動車の車検証と、印鑑証明書の住所が違う場合があります。
その場合は、住民票もしくは戸籍の附票または住民票の附票を添付してください。
姓が変わっている場合は、戸籍謄本を用意してください。

中古車を高く売る方法

img_009

意外と気になるのが、車のニオイです。

本人はわからなくとも、他の人が乗った時にニオイを感じる場合があります。
それを懸念して、オゾン発生器やカーショップの消臭剤で構いませんので、ニオイが取れるグッズを使ってカンタンにニオイをとっておきましょう。

また、キズや凹みなどは、そのまま査定に出したほうが得です。
直してから売ったほうが査定額は上がりますが、修理するのにもお金がかかるからです。

車検なども、切れている場合はそのまま査定に出したほうがいいでしょう。
車検を通してから出すと高く売れますが、車検の費用も馬鹿にならないからです。

また、中古車査定の場合は、オプションなどはプラスの費用になります。
反対にカーディーラーの下取りでは、ノーマル車が一番高く売れます。

⇒車を高く売るためにしては絶対にしてはいけない3つの間違い行動

車を売るのに最適な時期

img_010

車を売るのに最適な時期は、やはり新車が出て半年程度でしょう。
新しい車が出たばかりのころは、黙っていても車が売れるので新車市場そのものが活発になりがちです。
需要と供給が活発になるので、全体的に値段が下がる傾向があります。

反対に、半年後のリニューアルの時期などは、売れない車は本当に売れませんので、その時期は値引きのチャンスですので、ディーラー下取りも高値に付きますし、中古車市場も高めに買い取ってくれます。
車の需要は年中あるものなので、メーカーが新車を出して半年程度を狙っていきましょう。

もしくは、モデルチェンジの直前です。
モデルチェンジ後は車がよく売れて中古車も豊富になるので値段が下がってしまいます。
モデルチェンジの直前に売ると、高値で売れるでしょう。

⇒中古車を安く購入できる時期の詳細はコチラ

オプション

img_011

一般に、ディーラー買取はノーマル車が最も高く売れます。
反対に中古車査定では、全国のお客さんがターゲットになりますので、オプションが付いていると高く売れることがあります。
全国からマニアなお客さんを探しだすことができるからです。

つけるオプションにもよりますが、10万円程度は異なってくるでしょう。
オプションをつけた車は、中古車査定で売るのが最も適切です。

契約の解除方法(キャンセル方法)

img_012

中古車を査定に出して、キャンセルをする場合は、まだ売買契約を交わしていなければ、そのままキャンセルすれば中古車市場から引き上げることができます。
ですが、売買契約を交わしていた場合は、注意が必要です。

一定期間を過ぎると、中古車の売買と見なされキャンセル料を請求される可能性がでてきます。
これは、中古車査定に出している時点で、オークション出品などの手間がかかっているからです。
それに業者側も、さまざまな手続きをして動いているので、それらをすべて台無しにする行為ですので、契約の解除にはキャンセル料が必要になることがあります。

 

新車を安く買う方法 新車の値引きは難しい

img_013

現在のところ、ディーラーで下取りをしてもらう代わりに新車の値引きをしてもらうことは非常に困難です。
なかなか新車の本体価格は値引いてもらえません。
よって、現在乗っている車の査定額を把握しておく必要があります。

img_004ディーラーで値引いてもらった分プラスディーラー下取りの金額と、中古車市場の査定額を比較した場合、中古車査定に出したほうが高く買い取ってもらえたということがままあります。

より手元に残る現金を増やそうと思ったら、ディーラーに下取りに出して値引き交渉に使うよりも、中古車査定に出して高く売ったほうが、手元に残る現金が多くなる、つまり新車が安く買えることにつながります。

⇒車の下取りと買取どちらがお得?のもっと詳しい記事はコチラ

引っ越し時の車の処理方法

img_014

引っ越しをする際には、運転免許証の運転免許記載事項変更届を出さなければなりません。
住所変更をしなくても運転はできるのですが、住所・本籍・氏名に変更があった場合は、住所変更の手続きを行わなくてはなりません。

免許更新のハガキは免許に記載されている住所に届くため、住所変更をしておかないと更新を忘れてしまうことがあります。
免許証と住民票の写し、新住所の書いた何らかの公的書類が必要です。印鑑も忘れないで下さい。
警察署や運転免許センターで届けを記載し、現地で記入して提出するだけです。

また、車検証の手続きも必要です。
車検証は住所変更して15日以内に手続きを行わなければなりません。
と同時に、自動車税の納付書の送付先も自動的に変更になります。
15日以内に変更届を出さなくとも特に罰則規定はないのですが、自動車税の納付もありますので、できるだけ早めに変更しておくのが望ましいです。

引っ越しの際に手続きが面倒なので、新居に転居すると同時に、心機一転、車を下取りにだして車を乗り換えることもありでしょう。
新しい気持ちで新居に望みましょう。

事故車を売りたい人向けの事故車買取サービス

img_015

事故にあってしまった車、どうしていますか。
事故車買い取りサービスは、事故車を売りたい人向けのサービスです。

事故にあってしまった車は、動かない場合、自分でレッカーやスクラップ業者を手配して、車を処分しなければなりません。
また、ナンバープレートを外して必要書類を揃えて陸運局に出す必要があります。
必要書類には印鑑証明なども必須であり、一度は市役所に行く必要があるので大変面倒で非常に手間がかかります。

ですが、事故車買取サービスですと、そんな手間を省けた上に、すべてお任せすることができます。
事故後の処理は、大変忙しいものです。
そんな時、できるだけ手間をかけずに処分してもらうことを考えて、事故車買取サービスに依頼するのはいい方法です。

img_004一括見積り登録サービスを使えば、金銭的な負担が最も少ない状態で、予算をかけないどころか逆にお金をもらった上で、事故車を処分してくれます。
事故現場から保険会社の指示で自宅まで車を運び、そこから事故車買取サービスに来てもらってもいいでしょう。

事故車は、自分で動かすことはおすすめできません。
壊れている可能性もあるので大変危険です。
保険屋さんが引き取りに来てくれますので、それを待ったほうがいいでしょう。

事故車買取サービスに依頼すれば、引取から廃車の手続きまでをまとめて相談に乗ってくれ、返金等はありませんが、事故の手続きを迅速に済ませることが可能となります。

⇒事故車を無料査定サービスの詳しい内容はこちら

廃車を考えている人向けに廃車査定サービス

img_016

廃車を行うには、まずは車をスクラップにする必要があります。
そして、その後、ナンバープレートの返納など、さまざまな手続きがあります。
車検が残っていたら、自動車税などが還付されるのは嬉しいのですが、時間もかかり、大変な手間となります。

また、スクラップにするのに費用がかかります。
そのスクラップ費用を浮かせて、むしろ逆にお金をもらって、車を廃車にしてもらうことができます。
それが、廃車査定サービスです。

廃車査定サービスは、多くの廃車専門の業者から、一括で見積もりを取ってどこが廃車を一番高く買ってくれるかという査定を出してくれるサービスです。
廃車には本来、お金がかかるはずですが、それを反対にお金を払ってもらえるので、オススメのサービスです。

廃車する車は、海外に売られたり、パーツ取りに使用されたりしてリサイクルされますので、安心です。
ナンバーの返納から還付金の受け取りまで、最後まで一手にやってくれますので、依頼したらあとは報告を待つだけです。
還付金は業者が受け取ることになりますが、それでも本体代を手にすることができるのでおすすめです。
もう動かない車でも引き取ってもらえます。レッカー代もかかりません。

⇒事故車を無料査定サービスの詳しい内容はこちら

外車を高く売りたい人向けの外車専用の査定サービス

img_017

外車・輸入車は、思った以上に安く買い叩かれがちです。
というのも、中古車の価格は需要と供給で決まるため、あまり中古車で買いたいという人が少ない外車の場合は、どうしても需要が少ないため値段が安く抑えられがちなのです。

そこで、外車専門の買取サービスを使いましょう。
外車・輸入車を高く売るには、自社が直接販売をしているダイレクト系の外車専門の買取サービスに出すのが一番です。

オークションなどではなく、自分が流通網を持っている会社ですと、限界まで高く買い取ってくれて、お得になるケースが多いです。
外車専門の買取査定サービスは、オススメです。

⇒外車が高く売れるサービスの詳細はこちら

バスやトラックなどの特殊車両専用の査定サービス

img_018

バスやトラック、圧雪車などの特殊車両についても、特殊車両専門の買取業者があります。

そういったところは独自の流通網を持っており、オークションを経由せずに海外に流したりしますので、中間マージンや市場価格と乖離した高値での買取が可能となります。
一般のオークションでは値がつかないこれらバスやトラック、圧雪車などの特殊車両は、特殊車両専門の査定サービスにお願いしましょう。