1. ホーム
  2. 車に関するお金の知識
  3. ≫故障した車を高く売る方法!一括査定サービスと故障車専門店とディーラーを完全比較

故障した車を高く売る方法!一括査定サービスと故障車専門店とディーラーを完全比較

一口に「故障」といっても、ヒューズが切れただけ、ライトの球切れといった状態から水没までいろいろあります。
また、大きな事故を起こして、もう廃車にするしかない、と考えていませんか?
故障車でも思った以上に高く売れる可能性があります。
故障車を売りたい人のために、どこに出したらより高く売れるか比較してみました。
ぜひ、参考にしてください。

売却先によってこんなにも違いが

故障車を売却する場合、一括査定サービス、故障車専門店、ディーラーではどのような違いがあるでしょうか。

一括査定サービス 故障車専門店 ディーラー(下取り)
故障により自走不能 買取可能。しかし、0円ではないがあまり高額買取は期待できない。ただ、場合によっては査定額が付く場合もある。 積極的に買取。修理できれば修理するか、廃車にして必要なところをリサイクル、もしくはパーツとして販売するので、高額買取になることもある。 ほとんど0円。ディーラには廃車するシステムが無いため、廃車する場合は、手数料を請求されることもある。
水没車 ほとんど買取不能 積極的に買取。分解し、使えるところはパーツとして販売するので、高額買取になることもある。 買取不能。ディーラには廃車するシステムが無いため、廃車する場合は、手数料を請求されることもある。
廃車手続き 手続き費用:1万円程度、解体費用:1万円程度。無料の買取業者もある 廃車手続き、解体費用など、無料で代行するところがほとんど。 レッカー料込で、抹消登録費用:0~3万円程度、解体費用:0~3万円程度、書類手続き:1万~2万円程度。
レッカ|移動 車の状態や引き取り場所によって変わるが、1~2万円程度。無料の買取業者もある 無料で代行するところがほとんど。 廃車手続きに含まれている場合が多い。
車の購入 不要 不要 原則必要
買取業者数 8社~10社 故障車専門の一括買取サービスなら8~10社 持ち込んだディーラのみ
査定時間 概算査定なら30秒~3分程度。24時間受付可能。 概算査定なら30秒~3分程度。24時間受付可能。 15分~20分程度で詳しく査定してもらえるが、営業時間内でしか持ち込めない。

これは、あくまでも一般的な場合ですので、車の状態や車種によっても大きくことなります。詳しくはお近くのお店に確認してください。

故障した車をディーラーに売る場合

上記の表でも分かるように、故障した程度にもよりますが、自走不能な車や水没車に関しては、ディーラーではまず買取はできないと思った方が良いです。
修理不可能な故障車の場合、二度とその車を使用することがないので、永久抹消登録での廃車手続きとなり、費用の合計は10,000円~80,000円程度が相場と言われています。

ディーラーは本来、車を販売するのが第一目的です。
また、中古車として買い取ったとしても、車として販売するためには、故障しているところを修理する必要があります。
ディーラーでは、新しく車を購入する際の下取りとして、車を買取ってもらうのが一般的ですので、買取だけを依頼しても、あまり積極的に対応してもらえません。
なぜなら、中古車販売は得意ではありませんし、ましてや廃車にする車のパーツだけを取り出して販売する、といったルートも持っていないからです。
修理せずに海外などにそのまま販売する中古車業者とは、根本的に考え方が異なるのです。

廃車などの料金を支払えば、全てお任せできるという安心感はありますが、お金がもらえることはほとんど無いばかりか、車の状態によっては、断られることも多いです。

一般的な一括査定サービスに売る場合

通常の車を買取る一括査定サービスに故障車を売る場合は、上記の表のとおり、修理代を大きく減点されるか、廃車であれば料金を請求されるケースも多いです。
引き取り料金や書類代行の手数料が無料の買取業者もありますが、その分査定額に影響している可能性もあります。

一方、廃車専門業者では、廃車に掛かる費用を無料にしているところがほとんどです。
では「大きく故障した車は全て、廃車専門業者が一番得か」、というとそうでもありません。
廃車専門の買取業者は、解体を前提としていますので、車両本体に価値を見出そうとはしないため、車両そのものに査定額を付ける可能性は低くなります。

その点、一括査定サービスの買取業者の中には、人気の車種や需要の高い軽自動車など、その買取業者の得意とする販売ルートをもっていて、故障の内容によっては、車両そのものに査定額を提示してくれるところもあります。
パーツやリサイクルを専門とする廃車専門の買取業者よりも、高額買取をしてもらえる場合もありますので、一度、査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

故障車専門店に売る場合

一般的な中古車販売店と故障車専門店とは扱う車が大きく違います。
・実例その1
足回りにまで損傷が及び動かなくなった状態で、「0円」と査定された車が、故障車専門店では30万円と高値が提示されました。
・実例その2
東日本大震災の津波では、多くの車が水没しました。
それでも、多くの水没車の所有者にお金が支払われ、比較的高額で買取ってもらえたそうです。

自走不能な車、事故車、故障車を専門に扱っている「故障車専門業者」では、故障車の買取はむしろ大歓迎です。
廃車専門業者とは違い、再販すること前提にししている業者です。
修理費用はあらかじめ考慮した査定額を提示してもらえますので、驚くほどの高額査定になる可能性もあります。

例えば、人気のスポーツカーなどは、車両価格が高額な為、新車で購入するのは難しいという人もいます。
きちんと修理されているのであれば「事故歴あり」となっていても比較的売れ行きは良いということです。

廃車寸前の放置車両や故障車が、海外に輸出したら数十万円で売れた、というケースは珍しくありません。
何故、海外では壊れたような車が高額で売れるのでしょうか。

日本では、新しい車を発売するのには大変な検査や審査があります。
中古車でも、見た目も性能も良い車が並べられています。
実は、日本のようにきちんと整備することを義務付ける車検制度を設け、それ以外でも定期的に点検や整備を行ない、壊れたり傷ついたらすぐに修理をする、という国はとても珍しいのです。
海外では、走行距離が50万キロ、大きくへこんだままのボディなどの車が当たり前のように走っています。

つまり、故障車専門店は、海外に独自の販売路線を持っている故障車のプロと言えます。
故障車になってしまったら、ぜひ一度、査定を依頼してみてください。
それでも、納得のいく金額が提示されなければ、最後の砦として廃車専門業者をあたってみると良いでしょう。

故障車を高く売るためのポイント

まずは、故障している箇所をよく調べることが重要です。
故障していると思っていても、実は故障ではなかった、というケースも少なくありません。
また、ボディが激しく損傷したり、見た目が大きくキズ付いていても、査定が減額される「事故車」の定義に当たるのかどうか、きちんと把握することが大切です。

できれば、信頼できる自動車修理場などで一度見積もりをもらっておくと良いでしょう。
そうすれば、例え故障車だったとしても、査定の際に修理代を高くとられることもありませんし、交渉を有利に進めることができます。

車本来の性能も高く、修理技術も向上している現代では、「事故車だから」とか「故障車だから」といったネガティブな考えの人は少なくなっていると思われます。
諦めずに、安く買い叩かれないよう自信を持って、なるべく早く、まずは複数の業者に査定を依頼してみることをおススメします。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC