1. ホーム
  2. 車に関する知識
  3. ≫【悲報】中古車買ったらすぐに壊れる?原因と対策&注意すべきポイント

【悲報】中古車買ったらすぐに壊れる?原因と対策&注意すべきポイント

26
車は、それなりに高い買い物です。せっかく購入したのに、いきなり故障してしまったら、それこそ目も当てられない思いをします。実際、すぐに壊れたことで大変な思いをした経験を持つ方もいらっしゃることでしょう。

故障しやすい中古車には、いろいろな特徴があります。

そこで、中古車が故障してしまう原因やその対策、注意すべきポイントについて、分かりやすくまとめていきたいと思います。

故障しやすい車の特徴とは?

故障しやすい車には、ある大きな特徴があります。

法定整備を受けていない

27
一点目は、法定整備を受けていない可能性がある点です。

法定整備には、12ヶ月点検と24ヶ月点検の2つがあります。その際、内部の点検を行うために車のパーツを取り外し、整備を行います。このうち、24ヶ月点検は車検で行われますが、12ヶ月点検は車検のように強制ではないため、行わない人も多くいます。

修復歴がある

28
二点目は、修復歴がある車の可能性が高い点です。

修復歴のある車とは、交通事故や災害などによって、車体の骨格部分をぶつけたことで、傷んだ部分を交換もしくは修理した履歴のある車のことを指します。一般的な用語としては、事故車と呼ばれ、事故車の故障率は約40%あると言われているので、修復歴のある車はそれだけで高い故障リスクを有しているといえます。

走行距離が少なすぎる

29
三点目は、走行距離が少なすぎる車を選ぶと、故障リスクが高くなります。

通勤・通学に使っている、買い物やレジャーを主目的として使っているなど、使用目的にもよりますが、どんな車でも普通に乗っていれば、1年間に約5,000km~10,000kmは走っています。

例えば、5年落ち(初度登録2011年)の中古車であれば約25,000km~50,000kmくらいは走っている計算になり、10年落ち(初度登録2006年)の中古車であれば、約50,000km~100,000kmが走行距離の目安です。

中には、本当にほとんど走っていない車もあるかもしれませんが、特に車が生活の必需品となっている地方であれば、通勤・通学の足となりやすいので、年間走行距離の平均も先述した数値、もしくはそれをやや超えるくらいの数値になります。

人気カラー

31
四点目は、人気カラーを選んでいるかどうかです。

ボディカラーは、一般的にはブラックやパールホワイトが人気ですが、その時々の流行によっても違ってきます。車種によってはピンクのような目立ちやすいカラーに人気が集まることも多く、以前販売されたピンククラウンは、現在でも中古車の人気車種の一つと言われています。

全てが全てそうとは言い切れないものの、人気色であることが分かっている場合、事故車同士壊れていない部分をつなぎあわせて、上手に板金を行なっている可能性もあります。

現状販売

32
最後は、現状販売で売られた車です。

通常の場合、中古車は各パーツの状態を点検して、しっかりと整備を行った状態で販売しています。中古車販売店も、購入された人にできるだけ長く乗ってもらいたいと考えているので、よほどの悪徳販売店でない限りは未整備車を未整備のまま、現状渡しで販売することはありません。

しかし、中にはエンジンをかけると異音がする、エアコンが効かないなど、明らかに故障している車をいかにも状態の良い車であるかのように偽って販売する業者もいます。

ただ、中には「未整備のままでいいので、安く売ってくれ」と言ってくる人もいるようですが、現状販売で売られている車は、何か裏があると考えた方がいいでしょう。

故障しやすい車をつかみやすい人の特徴とは?

前項では、故障しやすい車の特徴について書きました。

しかし、故障しやすい車が出てくるのは、販売店側だけが悪いわけではありません。実は、購入する私たちお客側にも、故障しやすい車を買ってしまう原因があると考えられます。

ここでは、購入時の心理について書いていきます。

購入前の確認不足

33
まず一点目は、購入前の確認不足、もしくは確認しない人です。

多くの場合、実際に中古車販売店に行って、実車を目で見て確認してから購入するかどうか決定します。

img_004中には実車を試乗させてもらえる場合もあります。中古車の場合は、車検が残っていない車があります。そういう場合には、一般道を走ることはできません。とは言っても、展示場の敷内であれば走ることができるので、敷地内の試乗をお願いしてみましょう。

他にも、確認する手段はあるので、購入前にはできるかぎり詳細を確認してみましょう。

販売店のセールスに丸め込まれやすい人

34
2つ目は、販売店のセールスに丸め込まれやすい人です。

セールスに丸め込まれやすい人は、相手(販売店の営業)の話を鵜呑みにしやすい傾向が見られます。

相手は中古車販売店の営業なので、ある程度相手のペースで話が進んでしまうのは当たり前です。しかし、本当に気に入った車があったとしても、その素振りを見破られないコツのようなものがあります。できるだけ、考えていることを読まれないようにすることが大切です。

いい中古車を選ぶための対策とは?

いい中古車を選んで、快適なカーライフを送るために考えなければならないことは、たくさんあります。ここでは前項で書いたことを踏まえて、選ぶ際の対策や注意すべきポイントについてまとめていきたいと思います。

法定整備

まず、法定整備という点では、12ヶ月点検は法律上行わなくても罰則がない以上、行わない人がいたとしても仕方ありません。しかし、車検のみ受けている車と両方受けている場合では、故障リスクについても上がってくるかもしれません。

当然、点検に対する対策を取る必要がありますが、この点については、車検残期間にもよって変わってきます。

まず、車検残が1年以上ある車であれば、前のオーナーが12ヶ月点検を行っていない前提で、車検まで12ヶ月になる前に法定点検(12ヶ月点検)を行うことです。車検まで1年以内の場合は、点検整備記録簿を見て、きちんと整備されているかどうか確認するようにしてください。

もちろん、自分自身がオーナーになったら、きちんと12ヶ月点検も受けるようにしましょう。

 

修復歴

次に、修復歴については、車を見た時に確認するようにしてください。良心的な販売店であれば、聞かなくても教えてもらえるはずですが、言われなかった場合でも聞けばきちんと答えてもらえるはずです。

修復歴がある車であれば、選ばないほうが無難です。

 

走行距離

三点目の年間走行距離については、5,000km~10,000kmが目安です。それ以下であれば、メーターが改ざんされているかもしれません。平均でその数値を大幅に下回る車であれば、選ばないほうが無難です。

 

ボディカラー

ボディカラーについても同様で、できればブラックやパールホワイトのように車種を問わず人気のあるカラーや、ピンククラウンのように車種の中で人気のあるカラーについては、できるだけ選ばないほうが無難でしょう。

中古車の場合は、不人気カラーを選んだほうが、大事に乗ってきた車である確率が上がります。

最近は、どの中古車販売店でも故障対策として、車の状態をボードに書いて表示している販売店もありますし、お店独自にチェックシートをつけており、販売前に担当者と一緒に車に異常がないかどうか確認している場合もあります。

そこまで確認させてもらえれば、さらに安心感も上がるのではないでしょうか。

故障しやすい車をつかまされないために

35
せっかく高い金を出して車を購入するのですから、状態のいい車を購入したいところですね。しかし、車にかぎらず説明を聞いている時は、知らない間に相手のペースで話が進んでいるもの。

営業の担当者と話をしている時は、契約の話より実車の状態について確認する方に重きをおいて話をすすめるようにすると、相手のペースに巻き込まれにくくなります。

また、九分九厘この車にしようと思っている場合であっても、その日に聞いた相手の話を整理して、熟考する時間を作ってから最終決断するようにしてください。

img_004このあたりのことは、良心的な販売店であれば熟考を促しますし、仮に別の人が問い合わせをして、待つような状況になった場合であれば、販売店の担当から連絡をしてもらえます。間違えても「他にも問い合わせがある」という嘘はつきません。

そういって決断を促す場合は、相手が焦っていて決断を促している可能性があるので、まだ決断しないようにしましょう。

また、展示場に展示されている車であれば試乗させてもらえる場合があります。仮に、試乗が無理だとしても、敷地内だけもしくはエンジンを掛けてエンジン音を確認する程度であれば、許可してもらえる可能性があります。

もし、試乗などができそうであれば、お願いしてみるのも手です。仮にダメであれば、例えば1年保証や2年保証などの保証があるのかどうかを聞いてみましょう。品質に自信のある販売店であれば、自店で販売する車に品質保証をしているはずです。

保証ができないような販売店であれば、それは避けた方がいいでしょう。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC