1. ホーム
  2. 車に関するお金の知識
  3. ≫車のエンジンを売る!車体が壊れたジャンク車でもエンジンは売れる

車のエンジンを売る!車体が壊れたジャンク車でもエンジンは売れる

・壊れてしまった車も売りましょう

車のエンジンを売ることができます。車は、車体が壊れてしまっても売ることができるのです。なぜ売れるのか、業者は壊れた車を買ってどうするのか?どこで売るのか?その他、壊れた車を売ることに対して、疑問があると思います。
今回は、壊れた車を売る際の注意点や、覚えておくべきことにフォーカスして、見ていきましょう。

・壊れた車がなぜ売れる?

車のエンジンだけが生きていて、車体が壊れてしまって動かない車がなぜ売れるのでしょうか。それは、エンジンだけを取り外して、使うからです。業者にはその技術がありますので、エンジンのみが動く場合は売却が可能なのです。
また、エンジンが壊れていても大丈夫です。車の中でもエンジンだけを修理して使うことができますので、エンジンが壊れていても売却できます。
買い取った業者はエンジンを取り外して、必要であれば修理を行ってから、さらにパーツ専門店に売却するなどを行います。なので、パーツ専門の買取店に直接売却しても良いでしょう。その場合は、エンジンを取り外す必要があります。
ですが、基本的には車にエンジンをつけたまま、そのまま売却するといいでしょう。エンジンを取り外すのにも手間がかかりますし、工賃も発生するからです。
そのため、やはりパーツ専門店よりは、壊れた車も買い取ってくれる買い取り店に見積もりの出すのが一番かもしれません。
車の一括見積査定では、壊れた車も取り扱っていますので、ぜひ見積もり査定で自分の愛車の見積額を取ってみて下さい。中古車査定は、業者によって大きく値段が異なります。そのため、複数の業者に依頼することがもっとも重要なポイントとなります。一括見積査定なら、より多くの中古車買取業者に見積もりを依頼することができますので、もっとも高く買ってくれる業者はどこか?探すことができます。

・業者はどうやって儲けを出すのか

では、壊れた車を買い取って、業者はどのように儲けを出すのでしょうか。裏側が気になりませんか。
実は、エンジンだけ取り外して、新興国などに再販するというルートが残っているのです。国内の流通だと他の部分の修理にまでお金がかかってしまい、困難なのですが、海外に販売するのであれば、利益が出ることがほとんどです。
特にアジア圏では、車検がそれほど厳しくないので、少し修理して残りのパーツはボディに大きな損傷がない状態まで回復させれば、十分に走る車にまで回復させることが可能となります。
そのため、業者は利益を出すことができるのです。比較的車検が厳しくない新興国で
再販することによって、利益を出すことができます。
また、壊れた車をパーツ取りに利用することによって、修理して車を売ることができます。そうしたパーツ取りなども利益になります。

・エンジンのみ動きその他は動かない車の売却価格

エンジンが動きさえすれば、売却価格は他の部分が動かなくともそれほど低くはならないので安心して下さい。反対に、エンジンが動かない車は、買取業者は査定を嫌がる傾向があります。特に出張査定は面倒がられたり断られたりするケースも多いのです。
理由としては、まず、エンジンがかからないと検査できない査定の項目がたくさんあるから、なのです。
走行距離などは昔はアナログメーターでしたのでエンジンがかからなくとも走行距離がわかりましたが、今はデジタルメーターなので、エンジンがかからないことには走行距離がわかりません。
また、パワーウィンドウなども動くかどうかはエンジンがかかるかどうかにかかっています。
オーディオ、エアコン、カーナビなどのオプション品や装備品も、エンジンをかけてみないと、正しく動くかどうかは確認できないのです。
また、エンジン音もわかりませんよね。
エンジンがかからない状態の車で、確認できることといえば、外装と内装の見た目ぐらいのものです。
なので、エンジンがかからない場合は、動かないことを前提とした価格となりますので、買取相場は非常に低くなります。
逆に、エンジンが動けば、あとは周辺の部品を直してあげれば車は走行しますので、売却価格はすべて動く車に対して十数万円程度マイナスしただけで済むケースもあります。
他の部品を直せば自走する場合は、思ったより高値がつくケースが多いのです。
ですが、どこの部品をどう直すかによっても買い取り額は異なってきますので、一概に、エンジンのみ動く車はこれぐらいの価格ですとはいえないのが残念なところです。

・エンジンのみが動く車がある。さてどこで売ればいい?

エンジンのみが動く場合は、一般の車買い取り査定もしくは廃車専門の廃車買い取りサイトがオススメです。
エンジンが動かない車は、不動車を取り扱っている廃車専門の廃車買い取りサイトがいいでしょう。
エンジンが動く場合でも、他のパーツが壊れていて車自体が動かなくて、長年放置してしまっている場合は、動かすのが大変です。動く状態にまで持っていくには費用がかさみます。ボディが錆びついている場合もありますし、外装や内装に問題があったり、他のパーツにトラブルがあったりなどのケースは、もう廃車専門の買い取りサイトに流してしまったほうがお金が残るということもありえます。
廃車専門の買取サイトでも、意外な高値がつくケースがあります。業者はスクラップにして鉄くずとして売ったり、直せるものは直して売ったり、パーツ取りに使ったり、新興国に輸出したりなどしながら、利益を上げています。
よって、遠慮なく廃車買取サイトに買い取ってもらいましょう。その際、廃車専門の買い取りサイトの一括見積サイトを使えば、複数の業者に依頼することができますので、比較検討の末、高値で売ることが可能となります。

【Q&A】

・買取査定業者とオークションどっちが高く売れる?

買取査定業者とオークションであれば、買い取り専門業者のほうが便利ですが、ネットオークションのほうが個人で売買して中間マージンが取られないため、高く売れるケースがあります。ですが、エンジンだけが動いてほかが動かない車は、受け渡しが大変です。レッカーを用意しなければなりませんし、その他の引渡し時に、どこが動いてどこが動かないかという現地確認も必要で、非常に手間がかかります。
その手間や、レッカーの費用などの負担を考えた場合、売上の金額よりも手元に残る金額を考えれば、もろもろの手数料を業者負担で行ってくれる買取業者のほうが、結果としてお金が多くもらえるといえるでしょう。

・一括買取査定業者の手間は?

一括買取査定をしてくれる業者の手間はどれぐらいかかるのでしょうか。実はホームページにアクセスして、買い取りの業者を選ぶだけです。あとは、車種などの情報を入力し、連絡先などの個人情報を入力するだけで、買い取り査定の依頼は終了です。
そして無料の見積もりに来てもらって、金額が決定したら、あとは引き取りを待つだけです。それほど手間はかからず、やることは入力と、業者を選ぶことぐらいです。あとは業者がすべて担当してくれて、あっという間に売却まで完了します。

・一括買取り査定はなぜ高くなるの?

不動車の一括買取り査定は、直してリセールにかけたり、パーツをとったり、途上国に流したりするのに、高値で売れるので、買取査定額も高くなるのです。たとえ動かない車であっても、業者には特殊な再販ルートや修理の技術がありますので、買い取ってもらえるのです。

・一括買取査定に出すベストなタイミングは?

動く車は、買い取りに出すのにもタイミングがあります。
タイミングによって買い取りの価格が異なってきます。
ですが、エンジンだけが動く車だったり、エンジンだけが動かない車だったりは、価値がどんどん下がっていきます。そのため、一括買取査定に出すタイミングでベストな時期は、今すぐ売ることです。時間が経てば経つほど、価値は下がっていきますので、早めの売却を決断したほうが良いでしょう。

・売る時の注意点はある?

買取店には飛び込みではいかないようにしましょう。インターネットで買取査定をしてもらって、査定額を把握しておくことが重要です。
また、一括見積査定を使って、複数の業者に買取の見積もりを出してもらうことも重要です。複数の業者間で競合することによって、より高い値段がつき、あなたが得することになります。

・まとめ:買い取り一括査定へ

エンジンのみが動く車、エンジンのみが動かない車は、一括見積査定や廃車専門の買取業者に見積り依頼を出してみましょう。思わぬ高値がつくことがあります。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC