1. ホーム
  2. 車に関する知識
  3. ≫EV(電気自動車)ってどれだけエコ?ガソリン車、ハイブリット車と比較

EV(電気自動車)ってどれだけエコ?ガソリン車、ハイブリット車と比較

06283
EV車、即ち電気自動車の歴史は案外古く、実は日本においてガソリン車が普及する前は電気自動車が自動車の主役を務めていた時代もあることをご存知の方は限られるようです。

そんな古くて新しい、究極のエコカーとも言われるEVについて徹底的に紹介して参ります。

EVってどんな構造になっているの?

kc02
EVの基本的な構造について、主にガソリン車との違いを中心に紹介することにしましょう。

EVは驚かれる方も多いのですが、ガソリンを燃焼させることで車の動力を生み出す「エンジン」がありません。そのためガソリンタンクもなければ、排気ガスも生じないためマフラーもありません。

ではエンジンが無い代わりに何があるのかと言えば、それは「モーター」です。
EV-sikumi
様々な電気器具に用いられているあのモーターと基本的には同じものがエンジンの代わりとして、EV車にも搭載されています。

燃料タンクが不要となる代わりにあるのが「バッテリー」であり、ガソリン車にはない機構として電流を制御するためのコンバーターやインバーターといった装置もあります。

また、ガソリン車の給油口に代わるものが電気を供給するための充電口です。

ガソリン車とEV車ではこのような構造上の違いがありますが、こうしたEV車独特の構造は二つの利点を生んでいます。一つはエンジンがないためガソリン燃焼に伴う騒音や振動もなく、バッテリーから供給される電気でモーターを回転させるだけなのでガソリン車より静かになること。

もう一つが排気ガスが生じないので二酸化炭素や有害物質を排出しない、つまり環境にやさしいという点です。

ガソリン車やハイブリッド車と比べると燃費はどれくらい安くなるの?

100713_Nissan1.jpg
EV車はガソリン車やハイブリッド車等のエコカーと異なり、ガソリンを一切使用しませんので「燃費」という基準を当てはめることができません。

EV車の場合、燃費ではなく「電費」という基準でエネルギー効率が評価されています。

電費とは家庭用電力を通じて充電した場合、1kwhあたりに走行できる距離のことで、EV車の車種等にもよりますが、だいたい1kwhあたり5km~10kmと言われています。

では、2000ccクラスの標準的なガソリン車の燃費、ハイブリッド車(プリウス)の実用上の燃費、そしてEV車の平均的な電費をもとに、平均的な月間走行距離と言われる600kmを走行したと仮定した場合の1ヶ月の費用を比較してみることにしましょう。

ガソリン車 燃費をリッター10kmすると600÷10により月間60リットル使用
1リットル110円とした場合、110円×60リットルで月6,600円
プリウス 燃費をリッター20kmとした場合、ガソリン30リットルを使用
110円×30リットルで月3,300円
EV車 電費を1kwhあたり6kmとした場合、600÷6で100kwhの電力を使用
1kwhあたり21円(中部電力の場合)として計算すると100kwh×21円で電気代は月約2、100円。

このように大雑把な比較ながら仮に1月600km走行したと仮定した場合、EV車はガソリン車の1/3、ハイブリッド車でもその2/3程度のコストで走行できる、コスト面でも優れた自動車と言えますね。

どんな車種があるの?

ではEV車にはどのような車種があるのでしょうか。代表的な車種をいくつかご紹介することにしましょう。

日産リーフ

nissanleaf
今や日本のEV車の代名詞と言って良いぐらいの知名度を誇る車が、日産のリーフです。

日産がリーフでこだわったことはEV車でありながら、EV車を感じさせない「車」としての性能です。

EV車だからという理由で運転操作が難しくならないこと、ガソリン車に負けない加速性能があること、快適なドライブが実現できることなどにこだわって開発されたEV車がリーフと言えます。

三菱 i-MiEV

gra02_im_01
リーフに先行する形で三菱自動車が日本の軽自動車市場に投入していたEVが、三菱自動車のアイミーブです。

尚、アイミーブにはミニキャブタイプもあり、同車は業務利用でのEVの先駆けとなった車でもあります。

テスラ モデルS

tesla-model-s-628
米国シリコンバレーに拠点があるテスラモーター社が販売しているスポーツカータイプのEVがモデルsです。

100kmの加速まで6秒以下で到達するパワーを有する、スポーツ性能にこだわった海外メーカーのEV車です。

車両の価格はどのくらい?

ではEV車はどのくらいの価格で販売されているのでしょうか。

価格帯ごとにEV車の新車価格をご紹介します。

150万円から200万円

ミニキャブ MiEV (三菱) 165万円~170万円

200万円から300万円

i-MiEV (三菱) 226万円~283万円

250万円から450万円

リーフ (日産) 273万円~428万円

450万円から600万円

e-NV200 ワゴン(日産) 444万円~476万円
i3 (BMW) 499~598万円

900万円から1,400万円

モデルS (テスラ) 926万円~1369万円

このように車種は限られているにも関わらず、比較的広範な価格帯でEV車は販売されています。

各車種の電費は?

電費は燃費同様EV車の使用環境や使用方法等によって異なってきますので、一概にこれぐらいだとは断定できません。

しかしながら、実際のEV車ユーザーの声を参考にした場合、電費は、ガソリン車の燃費のような車種による違いはそれほど生じていないようです。

ユーザーが公表している電費実績
日産 リーフ 6.5km/kwh~9.5km/kwh
三菱i-MiEV 6.0km/kwh~10.0km/kwh
テスラ モデルS 4.5km/kwh~7.0/kwh

例えばi-MiEVは車両重量1トンですが、スポーツカーであるモデルSは1.7トンもあります。

つまり車両重量では倍近い差が生じているにも関わらず、電費上の差はそれほど大きな開きが生じている訳ではありません。この点もEV車ならではの特徴と言って良いでしょう。

EV車の中古車買取価格相場はどのくらい?

img_topics_03
EV車は再び国内市場で販売されるようになってからまだ歴史が浅く、それほど豊富に中古車が出回っている状況にありません。

そのため、およそどれぐらいの価格で中古車が買い取られているか、大手の買取事業者等の参考データが提示されているのは、現状日産のリーフと三菱のi-MiEVという状況です。

この二車種について「価格.com」のデータを参考として、主に平成25年度登録車を前提とした場合のおよその中古車買取価格は、次のようになっています。

リーフ 約85万円~148万円
100÷10×110=1,100円
i-MiEV 約55万円~87万円

EV車の中古車がほしい人が注意すべきチェックポイント

EV車は既にお伝えしたとおりまだ市場で販売されるようになってからそれほど年月が経過していないことと、車種そのものが少ないため、中古車市場でそれほど数多く出回っている状況とは言えません。

そのため、EV車は絶対数が限られていることからそれ程大きな値引き額が狙える自動車ではないということを理解しておく必要があります。

ただし、それでも燃費不正問題でメーカーとしての信頼を大きく損ねてしまった三菱自動車のi-MiEVなら、販売店次第ながら多少値引きを引き出せる可能性はあります。しかしながら、「信頼の低下」による価格下落であって本来の「値引き」とは言えないかも知れません。つまり信頼性が損なわれたメーカーでも良いかどうかは自主的な判断が必要な点です。

また、EV車を購入する場合に最も注意しなければならないのは充電設備が自宅にあるか、もしくは設置できるかという点です。

06_00

集合住宅の場合なら他住民との話し合いが必要となりますし、戸建てに住んでいる方でも充電設備が設置困難な場合があります。

従って、車を求める前に充電設備専門の工事業者等に設置可能かどうか相談しておくことをオススメ致します。

EV車は二酸化炭素排出量ゼロという、環境に対して抜群に優れたエコカーであり、燃費と電費で比較したとおり、月々のエネルギーコストでも大変優れた自動車です。

自宅に充電設備が必要になってくる点で、ガソリン車ほど気軽に購入できる車種とはまだ言えませんが、充電設備を自宅に設置可能な方々は高い環境性能や安価なエネルギーコストという点でとても魅力的な車と言えますので、積極的に購入を検討してみては如何でしょうか。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC