1. ホーム
  2. 車に関する知識
  3. ≫EVとハイブリッドカー。実際の所どちらがメリットが大きい?

EVとハイブリッドカー。実際の所どちらがメリットが大きい?

ハイブリッドカーとEV。普及台数だけで見れば圧倒的にハイブリッドカーですが、EVも決して悪い車ではありません。

車体性能だけで見れば決してハイブリッドカーに勝るとも劣らない性能なのですが、明暗を分けているのはやはり環境です。

ハイブリッドカーは従来通りガソリンスタンドでガソリンを給油するだけで走らせる事が出来ますが、EVの場合電気スタンドで「充電」という形を取ります。

また、マンションやアパートなど、集合住宅の場合自宅に充電スタンドを設置出来ないため、敬遠されているという事実もあります。つまり、EVは環境次第で大きなメリットになるかもしれないのです。

EVがメリットになる人

EVとハイブリッドカー。「必ず充電出来る」という環境であればEVの方が得なのですが、そのような環境か否かは各々異なりますので、その点がいわば「分岐点」になります。

もしもですが、電気スタンドがガソリンスタンドと同等、あるいはそれ以上に身近な存在になればEVの方が経済性は高いです。これは間違いありません。

ですが、電気スタンドが普及しつつあるとはいえ、まだまだ身近な存在ではないですし、EVとなると事実上日産のリーフ一択になりますが、リーフの航続距離が2015年冬のフルモデルチェンジで280kmまで伸びました。登場時が140kmだった事を考えると劇的な進化ではあるのですが、カタログスペックですし、仮に東京から280kmとなると、西は名古屋に到達出来ませんし、北は仙台にも到達出来ません。

ちなみに片道なのですから、往復でとなれば当然必ずどこかで充電しなければなりません。家族で旅行にと思っても、常に充電の事も考慮しておかなければならないのは億劫ですが、充電スタンドを常に確保出来ている状態。

例えば家の近くにディーラーや充電スタンドがあり、長距離ドライブを行わない。

あるいはメインとしてではなく、送迎や買い物など、セカンドカーとして利用する人にとっては、EVはかなりメリットのある一台になります。

現状を考えるとハイブリッドカー

前途の条件に当てはまらない人にとっては、ハイブリッドカーの方がメリットが大きいでしょう。経済性が高くとも、電気スタンドが周辺にない所でEVの電気が切れた。

この場合、自力で近隣のディーラーまで押すか、あるいはJAFなどを呼ばなければなりません。ハイブリッドカーであればガソリンスタンドを探せば良いのです。

地方でも、ガソリンスタンドがない所はそうそうありません。首都圏では電気スタンドも増えているのですが、地方ではディーラーか道の駅、大型ショッピングモール。この程度です。

これらを考えると、EVのメリットを受けられる人はかなり限られているものの、メリットを受けられる人にとってはとても魅力的な一台ではあります。

あくまでも「現段階」での話です

ここまで読んで下さった方は「やっぱりEVはイマイチか」と思ったかもしれませんが、あくまでも現段階での話です。

今後、EVの航続距離が伸び、さらには電気スタンドが増えて行けば、EVの利便性は高まっていきます。

一方で、リーフの登場は2010年の12月。登場当初から「今後の環境次第」と言われていましたが、早数年。

果たして今後どこまで「改善」されるかは、未知数です。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC