1. ホーム
  2. 車に関する知識
  3. ≫FCV(燃料電池自動車)でエコ車生活|価格と燃費を調査

FCV(燃料電池自動車)でエコ車生活|価格と燃費を調査

06284
皆さんはFCVとはどのような車種なのか、ご存知でしょうか。

電気自動車を意味するEVという言葉をご存知の方は少なくありませんが、FCVについては詳しく知らないという方は多く、中にはFCVという言葉すらご存知ないという方も珍しくありません。

そこで今回は、まだまだ知られていないことが数多い次世代クリーンエネルギー自動車であるFCVについてわかりやすく解説して参ります。

FCVって何? どんな構造をしている車なの?

ks_fcv4
FCVとは「Fuel Cell Vehicle」の略称で、日本語では燃料電池自動車のことです。

FCVはEV即ち電気自動車の一種とも言え、電気自動車の動力エネルギー源となるバッテリーが燃料電池となっている車と理解して頂ければ結構です。

では燃料電池とは何かということですが、燃料電池とは水素と空気中の酸素を化学反応させることで電気を造り出す電池のことです。

そのため、外部から水素を補給することで自動車の動力となる電気エネルギーを生み出すことができます。

fcvshikumi1

ではFCVはどのようなパーツで構成されているのか、ガソリン車との違いで紹介しますと次のようなパーツはガソリン車にはないFCV独特のパーツと言えます。

・高圧水素タンク・燃料電池

・電動モーター

・昇圧コンバーター 等

上記のとおり、ガソリン車が有する「燃料タンク」はなく、その代わりに水素を貯めておく高圧の水素タンクがあります。

またFCVにはガソリン車にある「エンジン」がない代わりに、燃料電池によって発生させた電気をエネルギー源として車輪を回転させる「電動モーター」が備わっています。

そのため、振動や騒音が少なく静粛性に優れた自動車であり、また、ガソリンを燃焼させた場合に発生する二酸化炭素や他の有害物質を排気することもありません。

水素と酸素を反応させて電気を生み出す際に生じるものと言えば「水」だけ。

FCVが地球環境を汚さないクリーンエネルギー自動車と呼ばれる理由はこの点にあります。

ガソリン車やハイブリッド車と比べると燃費はどうなの?

IMG_9677
FCVが非常に環境面で優れた自動車であることはおわかりになったと思いますが、では一般的なガソリン車やハイブリッド車などと比較した場合の燃費性能はどうなのでしょうか。

FCVは先ほどご紹介したとおり、ガソリンではなく「水素」を外部から供給して走ることになります。

そのため、燃費での直接的な比較はできませんので、現状(平成26年現在)の水素価格を参考にして1km走行するためのコストを、一般的なガソリン車(排気量2,000CCの5人乗り普通乗用車)、ハイブリッド車(プリウス)とFCVを比較してみることにしましょう。

尚、ガソリン価格は1リットル「110円」と仮定します。

ガソリン車 燃費をリッター10kmとした場合
1km走行するためのガソリン代は約11円
プリウス 燃費をリッター20kmとした場合
1km走行するためのガソリン代は約5.5円
FCV 現在120~170円/1Nm3(※)で販売されているため、FCV自動車メーカーが発表している水素を満充填させた場合の最大走行距離を基準に計算した場合、1km走行するための水素代推計値は約11円~16円程度

※Nm3(ノルマルリューベ)とはガスの体積の単位

つまり、現在の水素価格を前提にすれば、同じ距離を走る場合に要するガソリン車のガソリン代のコストと変わらない、もしくは高くなる場合もあります。また、ハイブリッド車との比較では明らかに割高な状況と言って良いでしょう。

しかしながら、国(経済産業省)は水素価格を現在の1/3程度に縮減する方針で政策に取り組んでいます。

もしそうした政策が奏功し、水素価格が現況の1/3程度になれば、FCVはガソリン車だけでなくハイブリッド車よりもエネルギーコストで優位になる可能性があります。

FCVをマイカーとした場合、だいたい毎月どれぐらいの水素代がかかるの?

先ほどの燃費比較でおわかりになったとおり、仮にFCVをマイカーとした場合、走行距離に大してかかってくる費用はガソリン代ではなく「水素代」です。

1km走行させるための水素代は現況約11円から16円程度なので、

毎月300km走行した場合 3,300円から4,800円
毎月500km走行した場合 5,500円から8,000円
毎月1,000km走行した場合 11,000円から16,000円

程度かかると試算されます。

もっとも、この点は既にお伝えしたとおり、現在の水素取引価格は将来1/3程度にまで引き下げらえる可能性もあります。

そのため、FCVは今後水素価格がどう変化するかで、走行させた場合の毎月の費用も大きく変化する可能性のある車種と言えます。

どんな車種があるの?新車価格はどのくらい?

国内で販売されている、あるいは販売が予定されているFCVは現況下記の二車種しかありません。

トヨタ 「ミライ」

Toyota-Mirai-FCV-2015-1

ホンダ 「CLARITY FUEL CELL」

th_4151028_002H1-618x348

ではこの二台の販売価格はいくらかと言うと、メーカー希望小売価格では次のとおりになっています。

ミライ 723万円
CLARITY FUEL CELL 766万円

共に700万円以上と、ガソリン車と比較してもまたハイブリッド車や電気自動車と比較してもかなり高額な水準と言えます。

しかしながらFCVの上記二車種は共に補助金対象車となっており、1台あたり200万円強の補助金がつきます。

そのため実質的な購入費用は520万円から550万円程度となります。(オプション等除く)

納期は「2019年」以降!中古価格はプレミア価格となる可能性も

honda-clarity-fuel-cell-053-1-1
現在ホンダ社の「CLARITY FUEL CELL」は法人や自治体を対象として限定200台のリース販売となっており、現時点では一般個人へ販売されておりません。

しかしながら、ホンダは実績をみながら段階的に一般個人へ販売する予定はあります。

一方、ミライは個人に向けて販売はされていますが、問題はその納期です。

2016年6月現在におけるミライの納期は、何と2019年以降となっているのです。

つまり今購入を申し込んだとしても、納車されるのは3年後となります。

carlineup_mirai_greentax_01a_pc
そのため、中古車市場にはまだFCVは出回っていないこともあり、仮に将来FCVが中古車として販売された場合には、その希少性やすぐに乗れるという利便性からプレミア価格がつくと多くの専門家が予測しています。

あくまで予測ながら中古車であっても新車販売価格とほぼ同じ価格になるとみる専門家もいれば、新車価格の約1.5倍にあたる1,000万円前後の販売価格となると予測している専門家もいます。

この点はどうなるか断定はできませんが、希少性が高い車であることは間違いないため、仮にFCVを購入し、数年程度使用した後売却することにした場合、車体に対する損傷などがほとんどなく、走行距離も数万km程度あるなら、買取価格はかなり高水準なると考えられます。

もし3年以上待たなければ納車されない状況が改善されていなければ、場合によっては新車購入時と変わらない価格、もしくはそれ以上の価格で売却できる可能性があるかも知れません。

将来FCVの中古車がほしいと考えている人へのアドバイス

honda-clarity-fuel-cell-056-1-1
お伝えしたとおり、FCVは現時点では中古車市場に出回っていません。

現時点でもし可能性があるとすれば試乗車が中古車として販売されることぐらいですが、仮にそうなったとして全国で数台レベルの話です。

そのため、一般個人の方が中古車ディーラーへ行って普通に買い求めることができる台数とは言えませんので、やはり2019年以降に一般個人向けのFCVの新車が納入されるようになった後、徐々に中古車市場に出回るようになると考えた方が良いでしょう。

つまり、FCVの中古車を狙うならあと3年以上は最低待つ覚悟が必要だということです。

加えてFCVは「現時点」では大量生産が難しい自動車でもあるため、新車を購入したいユーザーは今後もしばらくの間は年単位で納車を待つ必要に迫られると考えられます。

そのため、当初は新車購入を考えていたが仮に中古車が出回るようになったら、しびれを切らした新車狙いの個人ユーザーが中古車へなだれ込んでくる可能性も十分あります。

こうした背景から、先ほどお伝えしたとおり、中古車であっても新車価格より安価に買えないプレミア価格となる可能性も十分あるため、もし「中古車の方が安いから」という理由だけで中古車が出回ることを待つと考えているなら、思惑通りにならない可能性があることを踏まえておく必要があると言えます。

FCVは、予定を含めて国内で販売される車種はまだ二車種しかないことに加えて、FCVに水素を供給する水素ステーションが2016年4月段階でまだ全国に100ヶ所未満という状況です。
iwatani1_sj
そのため、現時点においてはFCVの価格が高いということだけでなく、個人ユーザーレベルにとってはまだまだ実用的に使える状況にはなっていないと言って良いでしょう。

しかしながら、国は水素の価格低下と並行して水素ステーションの整備にも力を入れています。

つまりFCVの未来は決して悲観するどころか、大きな可能性を秘めていることを一般個人のカーユーザーも理解しておくことが大切だと言えます。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC