1. ホーム
  2. 車に関する知識
  3. ≫福祉車両の選び方 どんなタイプがある?

福祉車両の選び方 どんなタイプがある?

福祉車両に興味がある方もいるのではないでしょうか。自動車メーカーも福祉車両に力をいれていますが、それだけ需要があると見込んでの事なのでしょう。

福祉車両もまた、様々な特徴がありますので、それらをチェックしてみるとしましょう。

福祉車両に車いすタイプとシートタイプを価格と利便性で比較

福祉車両は大きく分類すると、車いすタイプシートタイプの物があります。

車いすタイプは、車いすをそのまま車に搭載出来るタイプです。

車いすからわざわざ下ろしてシートに乗せるとなると人の手がかかりますが、車イスをそのまま搭載出来るタイプであれば、そのまま押すだけで良いのです。乗せられる側だけではなく、介護する側としてもとても楽です。

それを聞くと、シートタイプは少々面倒だなと思う人もいるかもしれませんが、シートにも工夫が凝らされています。車いすタイプの場合、そのまま車いすごと乗せられるメリットがありますが、乗り心地は「車いす」のままです。長時間乗る場合、疲れてしまうでしょう。

ですがシートタイプの場合、車いすよりは乗り心地が良いですし、近年ではリフトアップシートと呼ばれるタイプの物が登場しています。

これは、車の座席が回転して乗降してくれます。つまり、車いすから乗り換える際、車の外で出来るのです。車の中で車いすから乗り換えるとなるとかなり大変です。

力の問題だけではなく、場所の問題も出てきます。ですがリフトアップシートであれば、車いすを隣につけて、体をスライドすれば、後は機械が勝手に車の中まで運んでくれます。

このように、リフトアップシートは人気を集めるようになってきています。

利便性で考えてみる

利便性で考えてみると、優劣の問題ではなく、ニーズの違いになるでしょう。

例えばですが、シートタイプの場合、車のシートの乗り心地を味わえますので、長距離走るのであればシートの方が良いです。

 
車いすに長時間座るとなると、体力を消耗します。車いすはサスペンションが優れている訳ではありませんので、長時間のドライブになると、座っているだけで疲れてきてしまうでしょう。

一方、短時間であれば車いすタイプの方が、利便性は高いです。短時間しか乗らないのに、わざわざ車いすから降ろしてシートに乗せて…では、少々手間に感じてしまうはずです。

一方、距離云々ではなく、行先で車いすを使うのであれば車いすタイプの方が、「行先でどうするのか」に関しては有利です。

 
このように、車いすとシートは、優劣というよりもどのようなニーズがあるのかによって、何方の方が良いのかが変わるのですが、どちらにすべきかは、かなり迷うはずです。

カーライフというよりも、車いすをどのような形で搭載させたいのかにもよりますし、介護の形によっても変わります。

車いすをそのまま運ぶケースが多いのであれば、車いすタイプの方が断然便利ですが、車いすから降ろす事も多いのであれば、リフトアップの方が「自動車への乗り心地」は断然良いです。

車両価格はどれくらいだろう

利便性はもちろんですが、車両価格も気になるのではないでしょうか。そこで、いくつかの車種で比較してみるとしましょう。

  車いすタイプ サイドリフトアップタイプ 助手席サイドリフトアップタイプ
ステップワゴン 3,025,000円 2,851,000円 3,021,000円
フリード 2,332,000円 2,152,000円 2,614,000円
ノア 2,894,000円 2,870,000円 2,595,000円

同じグレードでの価格帯を出してみると、車種によってかなりバラけます。「車いすタイプが高くなる」とも言えないですし、「助手席サイドリフトアップタイプが高くなる」とも言えません。自動車の作り等によって、値段がかなり変動しますので、値段で判断するのは難しいという結果になりそうです。

また、ノアの場合、車いすタイプもとりあえず最廉価を出しましたが、二台搭載出来るタイプもあるなど、細かく分類されています。

ステップワゴンやフリードは車いすは一台ですが、ノアは二台搭載出来るタイプもありますので、細かいニーズにも対応出来ます。

ですが、とりあえず搭載さえ出来れば十分だと考えているのであれば、細かいバリエーション展開していない福祉車両でも特に問題ないはずです。

福祉車両で受けられる補助金、助成金やエコカー減税はある?

 
福祉車両を購入したら、補助金助成金はどうなるのか、素朴な疑問に挙げる人も多いです。確かに、こちらがどうなるのかは気になるものですが、こちらはかなり細かく分類されています。

そのため、こちらに関してはしっかりと覚えておいた方が良いでしょう。

ディーラーでさえよく分かってないケースがあるからです。

税金面における助成制度

福祉車両を購入する際、非課税、あるいは減免といった助成金が出るケースがあります。

この場合はいくつかの条件があります。身体障害者本人が運転するか、所有する場合。あるいは本人が仕事等で使うだけではなく、本人を生計を共にする人が運転する車両。そして身体障害者が利用するために、車いす昇降装置などが装着されている場合。

 
これらの場合、税金面で非課税になったり、助成金が出るケースがあります。また、購入時には非課税や減免になる部分もあります。

消費税に関しては非課税になるケースが置く、自動車税や取得税は減免になるのですが、こちらはかなり細かい条件がりますので、自己判断せず、さらにはディーラーでもなく、各都道府県の税事務所に連絡した方が良いでしょう。消費税に関しても税務署が良いでしょう。

ディーラーでは「ダメ」という事ではなく、ディーラーによっては福祉車両の販売に慣れていない所もあります。そのようなディーラーの場合、ディーラーとしても税制面の事などあまり知らないのです。それこそ、購入したいと告げられて初めて調べるケースさえあります。

こちらに関してはディーラーが悪いというよりも、どうしても少数のニーズになるので仕方ない部分はあります。

車両購入時の助成制度

福祉車両を購入する際、どのような助成制度があるのかは、こちらもかなり細かく分類されています。購入時には自動車購入資金貸付制度がありますし、改造する場合には自動車改造費の助成制度があります。

購入の場合は各都道府県の福祉事務所や福祉協議会になりますし、改造する場合には各市町村の福祉担当課になります。

 
ですがこちらは自治体によっていろいろと異なりますので、ディーラーに聞いても把握していないケースが一般的です。そのため、自分自身で自治体に問い合わせてみるべきです。

その他の助成制度

また、福祉車両そのものというよりも、いろいろな福祉に関する助成制度があります。例えば燃料費の助成。

自家用自動車のガソリン費用を一部助成してくれます。こちらは福祉担当課に問い合わせてみましょう。高速道路を割引してくれる所もあります。また、駐車禁止適用除外標章を交付し、駐車を認めてくれるケースもあります。

こちらは所轄の警察署になりますが、このように、車両だけではなく、「福祉」という観点から、様々なメリットが用意されていますので、それらもしっかりとチェックしておくと良いでしょう。

これらは繰り返しになりますが、ディーラーを頼るよりも、自分自身の住んでいる自治体に問い合わせてみるべきです。ディーラーが悪いのではなく、ディーラーの営業マンも転勤等のおかげで、さすがに細かい自治体のルールまでは把握していないのです。

 

福祉車両の購入を考える人のよくある疑問と答え5選

福祉車両の購入を考えている人の疑問をいくつか応えてみるとしましょう。実際に購入してから「こんなはずでは…」と思っても後の祭りでしかないのです。

購入する際、どうやって購入すれば良いの?

素朴な疑問ではありますが、こちらに関しての疑問を抱いている人、とても多いです。

「普通のディーラーに福祉車両は置いてあるのか」という疑問は、ある意味ごもっともではあります。普通のディーラーではなく、福祉車両専用のディーラーでなければ購入出来ないのでは…と思っている人、とても多いのですが、実際にはそのような事はありません。

取り扱いのあるディーラーはとても多いですし、相談にも乗ってくれますので、決して「福祉車両専用ディーラー」が用意されている訳ではありません。

ですが、ディーラーにどれだけの知識があるかは話が別です。こちらに関しては「福祉車両だから」というよりも、各々のディーラーによって営業マンが異なります。

熱心な営業マンであれば、少数ではあっても、「売れるかも知れないから」と福祉車両に関して勉強しているかもしれませんが、「いつ売れるか分からないから」とあまり勉強していない営業マンもいますので、まずは一度、電話で問い合わせてみると良いでしょう。

 

試乗は出来ないの?

普通の車であれば試乗出来ますが、福祉車両も購入前に試乗してみたいと思っている人、多いのではないでしょうか。

こちらもまた、普通の車同様試乗も受け付けていますので、気になるのであれば試乗すべきですが、試乗に関しては福祉車両云々ではなく、各ディーラーによって店頭にある車両が異なります。

「福祉車両だから」というよりも、例えばトヨタであればプリウスやアクア、ホンダであればフィットなど、人気の車種であればどこにでも置いてありますが、トヨタのハリアーや日産のフェアレディ、ホンダのCR-ZやCR-Vなど、どうしてもディーラーが限られる車両もあります。福祉車両もそちらになります。

 
「どこででも置いてある車両」ではありませんので、試乗してみたいのであれば、ディーラーに問い合わせてみると良いでしょう。

福祉車両の場合、乗り心地よりも実際にどのような形になるのか試したいと思っている人が多いですし、車いすに乗っている人も、どうすべきか自分でも判断したいはずです。

普通に乗っちゃいけないの?

これも多い疑問です。福祉車両として購入したからには、車いすの人を乗せるなど、介護目的でなければならないのかと感じている人がとても多いようですが、こちらに関してはカーライフによって異なるはずですので、必ず車いすの人を乗せていなければならない訳ではありません。

ですが、車いすなど、障害を持っている人がいないのに、駐車禁止適用除外票を使ったり、車いす専用駐車場に停車したり。

これらは禁止というよりも、マナーの問題です。「バレなければ良い」と言われればそれまでです。

自動車に関しての法令は、どのような物も少なからず「バレなければ良い」風潮がありますが、厳密に言えば、福祉車両を運転するのは何ら問題ありませんが、関係ない所で駐車禁止適用除外を掲げて延々と駐車する。

これはルール違反になります。なぜ駐車禁止適用除外をもらえるのかといえば、車いすの人を乗り降りさせるためであって、長時間路上駐車するためのものではありません。

結局はマナー・モラル次第ですが、普通に運転する分には禁止ではありません。

レンタカーってないの?

購入しようかなとは思っているけど、とりあえずレンタカーとして活用してみたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

長期間福祉車両が必要なのではなく、一時的に車いす生活を与儀なくされているだけで、いずれは戻るので、その間だけでも福祉車両を使いたい。

そのような場合、購入するのは少々大げさですので、レンタルで済ませたいと思うのもよく分かる話ですが、福祉車両のレンタカーサービスは多々あります。

特定の業者だけではなく、様々な業者が行っていますので、探してみると良いでしょう。レンタカーではあっても福祉車両になりますので、使い勝手は悪くありません。

また、一日だけ借りれるタイプもあれば、一か月リースしてくれるものもあります。

いずれは必要なくなるけど、それまでの間数か月ほど…というニーズにも対応していますので、どのような福祉車両のレンタカーがあるのか調べてみると良いでしょう。

 
料金設定も細かく設定されているので、細かいニーズにも対応してくれます。

福祉車両を手放す時には特別な事が必要なの?

福祉車両を売却や廃車する時には他の車両とは異なり、特別な事が必要なのではないかと思っている人も多いようです。

確かに、いろいろな助成等を受けている場合、自治体にその旨を伝えなければなりません。一方、廃車手続きを行えば自動的に途切れるものもありますので、細かい部分は自治体に問い合わせてみましょう。

駐車場禁止適用除外票のように、返却しなければならない物もありますが、税制上の優遇は、廃車手続きを行うと共に切れる物もあります。

売却する場合、他の車同様、査定を受けて売却する運びになります。リセールバリューは決して低くはありませんが、需要そのものが決して高くはありませんので、売却を受け付けていない業者もあります。

そのため、「福祉車両に強い」とされているような業者を探すと良いでしょう。

普通の業者の場合、「市場価値」で判断しますが、福祉車両に強い業者の場合「福祉車両としての価値」で判断してくれます。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC