1. ホーム
  2. 車種一覧
  3. ≫トヨタ・ハリアー。高級クロスオーバーSUVの先駆者

トヨタ・ハリアー。高級クロスオーバーSUVの先駆者

456
「Wild But Formal !」(ワイルド・バット・フォーマル)のキャッチコピーで、1997年にデビューした、初代ハリアー。

ライオンの頭部をもつ紳士が、ハリアーを駆って若き女性を救うという、ストーリー仕立てのCMが印象的でした。今、世界中の自動車メーカーから次々とデビューしている、都会派の高級クロスオーバーSUV。そのジャンルを切り開いたのが、トヨタ・ハリアーです。

SUVでありながら、とても都会的でドレッシー。そんなハリアーが2013年、3代目となりました。2代目までは海外で「レクサスRX」として販売されていましたが、3代目は、完全に国内専用モデルとしてデビューしました。

モデルチェンジから2年半が経過したハリアー。

今一度、その魅力の本質を探ってみたいと思います。

2種類のパワートレーンと、やや小さくなった車体

carlineup_harrier_grade_grade1_01_pc
パワートレーンは、バルブマチックを使った3ZR-FAE型2ℓガソリンと、2AR-FXE型2.5ℓガソリンにモーターを組み合わせたハイブリッドの2種類です。

出力は、ガソリンが151PS、ハイブリッドがシステム合計で197PSとなっています。

駆動方式は、ガソリンがFFと4WDから選択可能で、ハイブリッドは全て、リアをモーターで駆動する4WD となります。ハイブリッドのバッテリーは、トヨタが長年使い慣れたニッケル水素を使用しています。

JC08モード燃費は、ガソリンが駆動方式等の違いによって14.8km/ℓ~16.0km/ℓ。ハイブリッドが21.4km/ℓ~21.8km/ℓです。燃費はハイブリッドに軍配が上がりますが、車両価格差もそれなりにあるため(約70万円)、年間走行距離を考慮した上で選択することが大切でしょう。尚、ガソリンとハイブリッドの外観上の違いは、エンブレムのみです。

ボディーサイズは、2代目よりも若干小さくなりました。1番の違いはホイールベースで、2720ミリから2660ミリに短縮されています。その恩恵として、最小回転半径が5.7mから5.3mとなり、小回り性を大きく改善しています。さらに全長が15ミリ、全幅が10ミリ、それぞれ短縮されました。クルマは一般的に、モデルチェンジを繰り返すたびに大きくなる傾向にあります。国内専用モデルになったことで、日本の道路事情に合わせ、サイズダウンしてきたトヨタの英断に拍手です。

「H・H」(ハイブリッド・ハリアー)のキャッチコピーが示すように、今回のハリアーは、ハイブリッドカーとしてのイメージを前面に出してきました。ハイブリッドならではの静かな発進と力強い加速は、ハリアーのキャラクターにピタリとマッチします。その一方で、一般的な日常走行においては、バルブマチックを使った2ℓガソリンの走りも十分に力強く、常に「胸のすく加速感」を求めるのでなければ、必要十分なパワーと静粛性を持っています。

むしろ、圧倒的に軽い車重を生かした、コーナーリングの軽快感が魅力です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC