1. ホーム
  2. 車に関する知識
  3. ≫ハイブリッドカーにも自動車メーカーの違いがあるって本当?

ハイブリッドカーにも自動車メーカーの違いがあるって本当?

我々にとって身近な存在になったハイブリッドカー。様々なメーカーから登場しているのですが、実はそれぞれのメーカーによってハイブリッドシステムは違います。ガソリンとモーターの力でエンジンを動かす。

実はハイブリッドカーに共通しているのはこの点のみで、細かく見てみると、実際にはまったく違うシステムだなと気付かされるケースも珍しくありません。

そこで、各メーカーのハイブリッドシステムを見てみるとしましょう。

トヨタのハイブリッドカー

世界一のハイブリッドカーメーカーと言っても過言ではないトヨタ。そもそもハイブリッドカーを世界で一番早く投入したのもトヨタです。

トヨタのハイブリッドシステムの特徴は、モーターにもそれなりの出力を与えている点です。

「エンジンの補助」ではなく「エンジンとモーターの二本立て」といった考え方が出来るのがトヨタのハイブリッドシステムです。「THS-Ⅱ」が近年のメインですが、これは「トヨタ・ハイブリッド・システム」の略で、後ろは2番目という意味です。

エンジンとモーターを両立させていますので、エンジンへの負担が小さくて済みます。おかげで低燃費を記録出来るのですが、登場当初はエンジンの出力不足から、パワー不足が囁かれていました。「ハイブリッドカーは低燃費だけど走っていても面白くない」と評される事もありましたが、エンジンをあまり動かさないためでした。

 
ですが近年はモーターの出力も向上しており、ハイブリッドカーではあってもガソリン車と変わらない感覚で運転出来るようになってきています。

ホンダ、日産のハイブリッドシステム

この両社は細かい技術的な部分は異なるのですが、コンセプトは似ています。
それは、ハイブリッドシステムはあくまでも「エンジンの補助」として位置付けているのです。

そのため、「ハイブリッドカー」ではあっても、エンジン出力もそれなりになりますので、走っていて野暮ったさを感じる事はありません。

一方で、燃費に関してはトヨタのハイブリッドカー程の数値にならないのも事実ですが、モーターが小さいので、自動車に乗せやすい点や、軽量なので燃費にあまり影響が出ない点、そしてコストの点でトヨタのハイブリッドカーよりもメリットがあります。

コンセプトの違いに対して、「エンジンにこだわったから」という意見もありますが、トヨタの方がハイブリッドカーの研究が進んでいたため、ハイブリッドシステムに関してトヨタが著作権を多数有しており、ハイブリッドカーの研究を進めていくとどうしてもトヨタの著作権に引っ掛かってしまうため、異なる方法でアプローチせざるを得ないという現実があったのも事実です。

 
特に日産の場合、トヨタがハイブリッドカーの研究を進めている頃、社運を賭けて電気自動車の開発に力を入れていたので、ハイブリッド競争に出遅れました。

スズキのハイブリッドカー

近年、スズキからも「ハイブリッドカー」が登場しているのですが、スズキのハイブリッドカーは上記のハイブリッドシステムとは根本的にアプローチが異なります。

スズキのハイブリッドカーは、回生エネルギーをリチウム電池に蓄えます。

回生エネルギーとはブレーキの際の摩擦から生じるエネルギーですが、リチウムバッテリーに蓄え、その電力でエアコン等、電飾系に出力したり、エンジンの動作の補助をするのです。

低コストで出来るのはもちろんですが、場所もあまり取りませんので、スズキのコンパクトカーの長所を損なう事なく、「ハイブリッドカー」と名付ける事が出来ました。

このシステムは元々はワゴンRなど、スズキの軽自動車に「エネチャージ」として搭載されていたものですが、進化し、「マイルドハイブリッド」と名付けられ、ハイブリッドカーにカテゴライズされるようになりました。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC