1. ホーム
  2. 車種一覧
  3. ≫スバル・インプレッサ 高度な安全性能を持つ新型がまもなくデビュー

スバル・インプレッサ 高度な安全性能を持つ新型がまもなくデビュー

10
スバル・インプレッサは、4ドアセダンと5ドアハッチバックを持つ乗用車で、軽自動車から撤退したスバルのボトムを受け持ちます。従来通り4ドアセダンには「G4」、5ドアハッチバックには「スポーツ」のサブネームが与えられます。

9月1日より、5代目となる新型インプレッサの先行予約の受付が始まりました。テーマは「愛でつくるクルマが、ある」。1992年、レオーネの後継車としてデビューしたインプレッサは、WRC(世界ラリー選手権)に積極的に参戦し、3度のメーカータイトルを獲得するなど、「ラリーのインプレッサ」を強く印象付けてきました。

WRCのイメージを継承する高性能バージョンのWRXが、「スバル・WRX」として独立した今、インプレッサには新たなアイデンティティの確立が求められました。

今回発表された新型インプレッサには、全く新しいプラットフォームが与えられ、定評ある質の高い走りを、一段と磨き上げています。

さらに、世界最高水準の予防安全性能を持つアイサイトのみならず、歩行者保護エアバッグまで全車に標準装備しました。過去最大の大変革といえる革新的な内容でデビューする、新型インプレッサ。それは、単に1車種のモデルチェンジを超え、スバル全体の将来をも左右するインパクトを持っています。

次世代を見据えた、スバルグローバルプラットフォーム

新型インプレッサは、クルマの骨格となるプラットフォームが完全に新しくなりました。開発テーマは最高の安心と走る愉しさ。
2016_0307_01_01
このプラットフォームは、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)と名づけられ、インプレッサのみならず、今後、全てのスバルに採用されてゆくはずです。

プラットフォームは、クルマのハンドリング性能、音や振動に起因する快適性、さらに衝突安全性など、そのクルマの特性や走りのポテンシャルを大きく左右します。SGPはホイールベースの可変などによって、他車種への採用を可能にしながら、ねじり剛性は従来比1.7倍、衝突エネルギーの吸収率は1.4倍まで引き上げられました。

高いボディー剛性は、全面改良されたサスペンションと相まって、良好な乗り心地とステアリング操作に対する素早い応答性を可能にしています。リニアなハンドリングは、ドライビングの楽しさを得ると同時に、いざというときの危険回避能力を高めます。また、修正舵(ハンドルの切増しや、切戻し)が少なくなることで、疲労を軽減し、同乗者のクルマ酔いも抑制します。
2016_0307_01_03
SGPの開発では、専用の測定機によって1/1000秒単位でクルマの動きを測定し、得られたデータを基にテストが繰り返されました。プラットフォームの開発には、長い時間と大きなコストを要します。車種の少ないスバルにとって、SGP開発にかけた情熱は並々ならぬものがあるはずです。

全車標準装備となったアイサイト

safety0_pict_2
一般に自動ブレーキの呼び方で定着してきた衝突被害軽減ブレーキ。2008年にスバルが搭載したアイサイトによって他のメーカーも刺激を受け、一気に普及が進みましたが、その仕組みや完成度には、メーカーや車種によって差があります。

アイサイトはステレオカメラ方式と呼ばれるもので、進行方向のクルマや人、さらに自転車なども検知します。現在はver.3まで進化し、カメラのカラー化によって先行車のブレーキランプをも認識します。また、視野角や視認距離の拡大も図られ、より早い段階での危険性の検知を可能にしています。様々な機関によるテストにおいて、アイサイトの性能が、国内メーカーはもちろん海外のメーカーも含め、トップクラスであることが証明されています。
13
さらに驚くのは、国内初の歩行者保護エアバッグまで全車に標準装備されたことです。これは、万一クルマが歩行者をはねた場合、ボンネット上に開くエアバッグによって、頭部の衝撃を緩和するものです。

「安全性能にグレードは関係ない」、と口で言うのは簡単ですが、厳しいコスト管理のなか、実現するのは容易ではないはずです。新型インプレッサは、今後、クルマの安全性能を語る上でのベンチマークとなり得ます。スバルの大英断に対し、心から拍手です。

カタマリ感のあるエクステリアデザイン

14
「ダイナミック☓ソリッド」。これが新しいスバルのデザイン・フィロソフィ(哲学)です。ソリッド(カタマリ)感のあるデザインの中に、ダイナミックな動きを表現しています。WRC撤退後も、ニュルブリクリンク24時間レースなど、積極的にモータースポーツへの取り組みを継続するスバル。エクステリアデザインには、スポーティーで質の高い走りのイメージが求められます。
img29
35ミリ広げられたボディー幅も手伝って、基本的なフォルムはワイド&ローのスポーティーなものです。前後の強い絞り込みによって、フェンダーの盛り上がりが強調され、地面に対するタイヤの踏ん張り感を、見る者に与えます。ショルダー部に走るV時型のプレスラインは、硬いカタマリから、グラインダーで削ったような印象を与え、スバルの言うソリッド感を表現しています。
img09
フロントマスクは、特徴あるヘキサゴン(6角形)のラジエーターグリルが、ひと目でスバルであることを認識させます。現行型で大きくスラントしているラジエターグリルは、ほぼ垂直になりました。シルバーのフチ取りも控えめとなり、豪華さよりも若々しさやスポーティーさアピールしています。
acc_main
リアのデザインは、現行型に見られるメリハリの利いたプレスラインは影を潜め、面の張りを重視しています。テールランプはサイドの絞込みに合わせてカーブし、両端に厚みを持たせることで、ワイドになった車幅をより強調しています。尚、ボディー幅は大きくなりましたが、最小回転半径は、現行型と同じ5.3mのままですから、取り回しの良さはそのままです。また、ミラーtoミラーの寸法も現行型と同じです。
img13
インテリアのデザインコンセプトは「大胆と精緻」。中央に配置された8インチのモニターを最上段に、タテ方向にシンプルにまとめられています。ピアノブラックの使い方も控えめで、華美な印象はありません。エアコンのスイッチ類も大きなダイヤル式を採用し、使い勝手にも優れます。ダッシュボードとドアトリムは、完全に連続した1つのデザインとして成立していています。単に「繋げました」というものではありません。

特筆すべきは作りこみレベルの高さで、チリ(すき間)は驚くほど小さく、シートやダッシュボードのステッチの質感も見事です。

シンプルなグレード構成でスタート

img05
エンジンは、2.0ℓと1.6ℓの2種類で、共にレギュラーガソリン仕様となります。グレードは、2.0ℓが2.0i-Ⅼと2.0i-Sの2グレード。1.6ℓは1.6i-Ⅼの1グレードです。それぞれにG4とスポーツがあり、FFと4WD(スバルはAWDと表記)が選択可能です。出力は1.6ℓが現行型と同じ115ps、2.0ℓは現行型比4psアップの154psです。トランスミッションは全車リニアトロニックと呼ばれるチェーン式CVTで、マニュアルは設定されていません。

今後、ハイブリッドやよりスポーティー度を高めたSTIモデルなど、バリエーションを増やしてゆくと予想されます。

インプレッサは、心地よい走りと、高い安全性能を兼ね備えた「大人のクルマ」で、セグメント(クラス)を超える存在感を持っています。新しくなったプラットフォームと、水平対向エンジンによる低い重心は、走りの愉しさをさらにレベルアップさせました。

走行性能が高く、基本のしっかりした完成度の高いクルマに乗りたい。そのようなユーザーにとって、新型インプレッサは、最高のパートナーとなるはずです。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC