1. ホーム
  2. 車に関する知識
  3. ≫自動運転は決して遠い未来ではない?既にある「自動運転」に近い技術

自動運転は決して遠い未来ではない?既にある「自動運転」に近い技術

自動車メーカーはおろか、GoogleやappleといったITメーカーまでもが自動運転に力を入れています。

まるで自動車メーカー全体の「悲願」とも言わんばかりに、各社が開発に力を入れているのですが、「自動運転」と聞くと、無人で車が勝手に動いてくれるのを想像している人が多いかもしれません。

ですが現実的に導入されるであろう自動運転は、さすがに無人という訳にはいかないでしょう。あくまでも人が乗っている状態で、運転補助として自動運転も可能になる。それが現実的な路線とも言われているのですが、この話を聞いて、ピンと来た人もいるのではないでしょうか。

そうです、ドライバーが乗った状態で補助的な役割を担うのであれば、既に自動運転と呼んでも良いような機能が多々あるからです。

 
「自動運転」という言葉ばかりが一人歩きし、言葉のインパクトから自動車マニア以外にも波及しているのですが、近年の自動車の機能を見れば、「それはもはや自動運転だろう」と思わされるものも多々あります。

それを幾つか紹介してみるとしましょう。

クルーズコントロール

これは近年はコンパクトカーや軽自動車にも搭載されているほど、我々にとって身近なシステムです。

レーダーミリ波などもこれに相当すると言って良いかもしれませんが、クルーズコントロールとは、速度を設定すれば、後は自動車がその速度を維持してくれる機能です。

自動車の速度のコントロールはアクセルです。アクセルを踏めば加速しますし、離せばエンジンブレーキがかかって減速していきます。アクセルの踏み具合によって速度をある程度コントロールするのですが、クルーズコントロールは設定した速度を勝手に維持して走ってくれます。

一般道ではなかなか使う機会がない機能ですが、流れている高速道路では、クルーズコントロールを使うと常に足を踏む必要もなければ、速度が安定する分省燃費にも役立つ機能です。

自分が何をしなくても速度を維持する。この機能は「自動運転」と言っても差し支えないものなのではないでしょうか。

 

映像やレーダーによる感知システム

各自動車メーカーによって呼び名は異なるのですが、レーダー波や映像で感知し、運転を補助してくれる機能もまた、比較的よくみかけます。例えばスバルのアイサイト。カメラを搭載し、映像とレーダー波で障害物がないかを確認。異変を感じたら自動ブレーキ。他にも車線を感知し、はみ出したら自動で戻したり。

これらの機能が搭載されている自動車を運転しているドライバーは、自分であれこれ考える事なく、システムの確認をしていれば良いのです。

さすがに運転席で眠るのは危険ですし、運転のメインはあくまでもドライバーではあるのですが、クルーズコントロールと併せれば、高速道路では速度を維持し、車線をはみ出したら戻し、前方に障害物を感知したら止めてくれる。

 
もはやこれらは自動運転以外の何物でもないのではないでしょうか。

アウディのトラフィックジャムアシスト

こちらの機能は、まだまだ身近なものではなく、これから普及していくであろう機能です。

クルーズコントロールの中の機能の一つという位置付けではあるのですが、こちらは渋滞時、0~65km/h走行時、運転を補助してくれます。

走行車線、隣の車線、建造物、前方の車。これらすべて感知した上で、走行ラインを自己判断しステアリング操作も行ってくれるのです。

そうです、ドライバーがハンドルを切る必要性さえなくなっているのです。65km/hまでという速度制限がありますが、これはもはや自動運転と呼んでも良い機能でしょう。

何せステアリング操作まで機械側が行ってくれるのです。つまり、ドライバーは座っているだけで良いのです。もしもの時のために、ステアリングには手を置いておくべきではありますが、何もする必要がないのです。

 
もしもですが、ここで紹介したすべての機能が搭載されている車が登場したとすれば、もはや人間がやる事の方が少ない車になります。

「自動運転」と聞くと、「未来の技術」かのように思うかもしれませんが、細かく見れば、もはや自動運転の足音はすぐそこにまで近付いてきているのです。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC