1. ホーム
  2. 車に関する知識
  3. ≫自動運転に参入しているIT企業とその成果レベル

自動運転に参入しているIT企業とその成果レベル

07215
自動運転車の開発については、メルセデス・ベンツやボルボ、ホンダ、日産、トヨタといった自動車メーカーだけでなく、GoogleなどのIT企業、電機メーカーも参入して業界標準規格を獲得するために躍起になっています。

しかし、この自動運転技術に参入するIT企業については、車の開発から制御ソフトに参入している企業もあれば、制御ソフトもしくは車の開発のみに参入する企業もあり、各企業の思惑は様々な方向に向いています。

そこで、国内外問わず自動運転技術開発に参入しているIT企業を取り上げ、その成果レベルをまとめていきたいと思います。

自動運転技術開発に参入するIT企業の特徴

自動運転技術開発に参入するIT企業には、以下のような特徴があります。

・ ハードウェア・ソフトウェア開発を行っている
・ ライド・シェアリング(相乗り)サービスを提供している
・ 各種インターネットサービスを提供している

一例をあげると、Windowsを提供しているマイクロソフト、iPhoneを開発しているApple、配車アプリを開発しているウーバー・テクノロジーズやリフト、サーチエンジン大手のGoogleやバイドゥがあります。

その他、国内企業ではモバイル・インターネットサービス大手のDeNA、国内IT企業大手のソフトバンクが、自動運転に参入しています。

その参入レベルは、さらに下記の3つに分かれます。

・ 自動運転車の開発
・ 車を制御するためのOS(基本ソフトウェア)の開発
・ 自動運転車、OS両方の開発

これらの特徴としては、IT企業と自動運転技術開発を行っている企業、もしくはIT企業と自動車メーカー、もしくは大学などが協同で開発を行っている点にあります。

ここからは、参入しているIT企業の成果レベルについてまとめていきます。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC