1. ホーム
  2. 車に関するお金の知識
  3. ≫中古車を安く購入できる時期 1年で最も安く買える時期っていつ?

中古車を安く購入できる時期 1年で最も安く買える時期っていつ?

18
車を購入しようと思っているなら、誰でも「できれば安く購入したい」と思うのは当たり前のこと。しかし、中古車を安く購入できる時期は、新車のそれとは少し違う傾向にあります。

ここでは、中古車が安くなりやすいタイミングと、その理由についてランキング形式でまとめていきたいと思います。

中古車市場の全体的な傾向とは?

19
具体的な時期について書いていく前に、中古車市場の全体的な傾向についてまとめていきたいと思います。

中古車市場の相場は、新車のそれとは少し違います。新車の場合は、車が売れる時期に安くなるため、2月~3月(決算期)がもっともお買い得になり、その次が8月~9月(中間決算期)となります。

これは、3月と9月が決算と中間決算に当たるため、その時期にたくさん売ることで、売上を伸ばしたいという考えがあるためです。その他、多少利益が少なくても、販売台数が増えることで報奨金が多くもらえるため、そこでカバーできる分、多少値引きしてでも売りたいという考えがあります。

img_004しかし、中古車市場の場合、新車のそれとは違い2月~3月は供給も増えますが、その分需要も増えます。中古車販売店も3月が決算期の会社は多いのですが、春から就職する新社会人や、地方に転勤、もしくはUターンするサラリーマン、大学に入学する学生など、車を購入する人も多いため、そういう要素と相殺されてしまいます。

また、2月~3月の需要の高まりは、4~5月のゴールデンウィーク頃まで続き、その頃までは中古車の価格も高止まりが続きます。

その他、7月や12月はボーナスが支給されます。この時期は、車を購入しようと検討する人も多いので、これまで持っていた車が中古車として出回ることも多いようです。ただ、この時期は中古車の購入より新車の購入に目が向く人が多いため、供給が多くなる割に需要が高まらず、中古車の値段が下がりやすくなります。

一般的には、中古車は11月~1月に需要が落ちやすい傾向にあり、そういった時期は車を購入する狙い目となります。また、先述したように中古車市場における需要が高くなる時期の前後は、中古車を購入するタイミングとしては狙い目の時期といえます。

以上のことからまとめると、・ゴールデンウィーク後の5月~6月
・ボーナス時期の7月~8月と12月~1月
・シルバーウィークがある場合は9月下旬~11月

あたりが、価格面で中古車が安くなる時期といえます。

 

第1位 5月~ゴールデンウィーク後が狙い目

20

5月前半は、4月末頃から始まるゴールデンウィークがあります。多くの中古車販売店では、2月~4月の繁忙期に備えて、1月頃から中古車の仕入れを行います。当然、販売店が抱える在庫としても多くなりますし、購入する側もゴールデンウィークや週転職。進学などに合わせて自動車を購入しようと計画をたてるため、販売店としてはもっとも売れやすい時期です。

しかし、ゴールデンウィークが終わると、繁忙期に備えて仕入れた在庫の売れ残りがだぶつくことになります。中古車の世界は値段の上下も激しいため、売れ残った在庫については値引いてでも売りさばいて次の商戦に備えたいと考えるのが本音です。

そのため、5月は中古車が安くなりやすいため、繁忙期の2月~4月を外して購入すると、安く購入しやすいといえます。

 

第2位 7月~8月~ボーナス支給月であり、夏休み・お盆など行事も多い

21

7月は、多くの企業で夏のボーナスが支給されます。夏のボーナス時期は、財布の紐が緩みやすくなるとともに、「この時期に車を売ろう」と考える人も多いため、車を売ろうとする人が多い時期です。しかし、7月のボーナス時期は、新車が売れやすい時期でもあり、多くの人は中古車ではなく新車を買い求めようとする傾向にあります。また、7月中旬以降からは子供が夏休みに入り、8月中旬はお盆があるため、人の動きも激しい季節です。

ただ、ちょうどこの時期は真夏に差し掛かる時期でもあり、なかなか炎天下に自動車のショールームに行こうというお客様も少なくなりやすい時期です。そのため、供給量が多くなりやすい割には需要も少なくなりやすいため、中古車も安くなります。

 

第3位 12月~冬のボーナス月

22

12月は年度が変わる前月です。年度が変わると、車の年式も1つ古くなります。車、特に中古車の価格はこの年式が1年違うだけで、販売価格も大きく異なることがあります。このように、販売店としては年式が古くなる前に、何とかして売り切ろうと考えるため、多少値引き幅を多くしてでも、何とかして売り切ってしまいたいと考えるため、値段が下がりやすくなります。

 

第4位 1月・6月~クリスマスやお正月などの行事も多い、夏のボーナス前月のため

23

1月は、冬のボーナス月が終わった次の月です。12月~1月初旬は、クリスマスやお正月といった行事もあり、その分消費も拡大しやすくなす傾向にあります。しかし、その分1月には中古車の需要も下がりやすく、値段も下がりやすくなります。6月は夏のボーナス前月になります。中古車の需要としては、ゴールデンウィーク後の5月と同じく、中古車の需要としては低くなりやすい傾向に有るため、その分中古車全体の価格もやすくなりやすいため、販売価格も安くなるのです。

3月と9月はなぜ高いのか?

24
先述のように、3月と9月は中古車の需要も高くなりやすい月です、それと同時に車の仕入れ価格も高くなりやすいため、販売店も高値をつけますし、需要が高い分売れやすいため、安くなりにくい傾向にあります。

ただ、中古車の台数としては、種類・台数ともに多くで回りやすく、欲しいと思っている車も見つけやすいため、若干高くても販売台数は増えやすいのです。

img_004また、まったく安くならないかというと、そういうわけでもありません。多くの中古車販売店では、3月が決算、9月が中間決算月となります。お客様に納車した時点で売上となるので、月末までに納車しなければならないため、月末が近くなると少し値引きしてでも売上を確保しようと考えます。

中古車を安く購入できる時期~まとめ

25
中古車が安くなりやすい時期は、5月や1月といった少し外れた時期です。価格面でいえば購入しやすくなりますが、欲しい車が必ずしも販売店にあるとは限らないため、選択肢が少なくなりやすい時期でもあります。

3月や9月は価格も高いですが、その分選択肢も多いので、そのバランスを考えながら決めていくといいでしょう。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC