1. ホーム
  2. 車に関するお金の知識
  3. ≫自動車ローンがどうしても通らない あなたが審査落ちする原因5つ

自動車ローンがどうしても通らない あなたが審査落ちする原因5つ

車を購入したいと思っている人が利用することの多いのが、自動車(マイカー)ローン。

審査に通って利用したという人もいれば、「利用したかったけど、審査に通らなくて利用できなかった」という人もいるかと思います。

そこで、審査に通らない理由として考えられる項目を5つ紹介してみたいと思います。

1.信用情報がマイナスもしくはゼロ

自動車ローンを申し込むと、銀行などのローン会社が信用情報機関に問い合わせを行い、その資料を元に審査を行います。その信用情報の中に、下記例のようにマイナス(事故記録)がついていると、審査が通りにくくなるようです。

・クレジットカードや携帯電話料金などの支払いの滞納、強制解約されたことがある
・2ヶ月以上、ローンの返済を滞納したことがある
・自己破産や任意整理などといった、債務整理を行ったことがあるなど

 
または、ある程度の年齢(30代~40代)の方で、ローンを組んだことがない、もしくはクレジットカードを持っていない場合人がいます。

もしくは、クレジットカードを持っていて、普段から頻繁に利用している場合でも、クレジットカード会社によってはそれらの信用情報を信用情報機関にあげていないことがあります。

こういった場合、信用情報が何もないので、「ゼロ」状態と呼ばれます。信用情報が記載されていないのですから、何もないのは当たり前です。しかし、信用情報としては、マイナスにはなりませんが、真っ白なのでプラスにもなりません。

そのため、30代~40代の方で、上記のような状態に当てはまる人については、連帯保証人を立てなければ、審査に通りにくい可能性があります。

2.申込者の年齢

次に見られることが多いのは、申込者の年齢です。自動車ローンの申請を出して、審査に通りやすい(有利な)年齢は、20代後半~50代前半と言われています。

20代前半であれば、大卒で入社2年目前後の新入社員の年代なので、まだ安定していないと見られる可能性があります。また、50代後半~60代であれば定年前後とみられるため、安定して返済できないと思われる可能性があります。

ただ、この点は信用情報や勤続年数、年収という点で十分カバーできる範囲内です。

3.短期間にローンの申し込みをしている

目安として、半年以内に3社以上にローンの申し込みを行った場合、以後半年以内は審査に通らない可能性が高くなります。

これは、信用情報機関内のデータベースに、ローンの滞納、利用履歴などの他に、申し込んだ事実も記録として掲載されるためです。例えば3社以上に申し込んで審査に落ちた事実が記載されていると、「何らかの問題がある可能性あり」と判断され、敬遠される可能性があります。

 
複数社に申し込む場合は、半年で2社以内にとどめて、かつ次回は半年以上期間を空けて申し込むと、審査に影響しないと言われています。

4.勤務先・勤続年数

自動車ロンでは、勤務先や勤続年数も見られる場合があります。一般的に、一部上場企業や弁護士、公務員、医師などのような社会的地位の高い職業であれば評価が高くなり、中小企業や個人事業主、派遣社員などの場合は、審査の際に評価が低くなりやすいと言われています。

ただ、これらはあくまでも評価の基準というだけです。実際の審査では、年収や勤続年数も合わせて見られるので、それらの項目が基準を満たしていれば、勤務先だけではねられるということはありません。

 
そのため、一部上場企業に勤めていても、入社1~2年目であれば、評価は低くなる可能性がありますし、個人事業主でも長年やっていて、年収も安定している場合には、評価が高くなる場合もあります。

勤続年数の目安としては、3年以上であれば審査上プラスになるようです。

5.借入金額・キャッシング

一般的には、申込者本人の年収×35%が、年間返済額の上限とされています(ローン会社によって異なります)。

例えば、年収600万円の人であれば、年間返済額210万円が上限となります。すでに住宅ローンなどを組んでいて、月6万円返済している場合であれば、年間で72万円返済していることになり、年間返済額138万円までのローンを組むことができる計算になります。

 
自動車ローンは、原則保証人不要となっていますが、返済能力に不安がある場合は、保証人を求められることがあります。保証人は本人より年収が高く、安定した収入のある人をつけるようにして下さい。

また、キャッシングを利用している場合、それだけで信用情報がマイナスになる場合があります。これは、ローン会社により様々ですが、不安な方は、キャッシング利用枠0(完済)の状態で利用するように心がけて下さい。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC