1. ホーム
  2. 車でデキる節約術
  3. ≫結婚・出産が車の乗り換えタイミング第2位!ライフスタイルにあった車3選

結婚・出産が車の乗り換えタイミング第2位!ライフスタイルにあった車3選

09_01

結婚を機に車を乗り換える人は多いと思いますが、結婚したらどんな車に乗りたいですか?

子どもは2~3人は欲しい、夫婦で楽しみたいなど、将来に向けてそれぞれの思いもあることでしょう。
今回は、結婚を機に車を乗り換える際に最適な車を『3車』ご紹介します。

  1. 夫婦で今を楽しむ 高級感のあるトヨタの「ハリアー」2WD
  2. とにかく節約が第一! ホンダ「フィット」のガソリン車
  3. 将来のライフスタイルに合った車 トヨタの「アルファード」

車の平均買い換え時期

車を買い換える人はいったいどれくらいの年数で買い換えているのでしょうか。

一般社団法人日本自動車工業会の調査(2015年度)によると、
前保有車の保有期間(使用期間)の平均値は、
全体では6.9年となっていて、
新車では7.5年
中古車は5.8年だそうです。

中古車の5.8年のうち、購入後5年で乗り換える人が27%と最も多く、7年が23%、10年が22%、次いで3年が17%という結果でした。

また、車を乗り換えるタイミングについて、あるアンケート調査を見ると、「結婚や出産を機に」と回答した人が、「車検時期」に次いで多いようです。

結婚や出産という人生の節目を迎え、将来のライフスタイルの考え方によって、最適な車も変わってくると思われます。

夫婦で今を楽しむ

引用:http://toyota.jp/harrier/

引用:http://toyota.jp/harrier/

何と言っても楽しい新婚時代!2人だけの生活をしばらくは楽しみたい!という人も多いですよね。

しかし、実際は掃除に洗濯、炊事やお弁当作りなど、大変なことも増えてしまうのが現実です。喧嘩も多くなるかもしれません。休日には2人でドライブする時間も重要ではないでしょうか。

将来、家族が増えたときのために、室内もゆったりして、荷物も載せられて、とワゴンタイプを検討しがちですが、5年で乗り換えることを考えたら、すぐに子どもができたとしてもまだ4~5歳。

チャイルドシートの着用義務は6歳未満ですから、子どもの室内空間は考える必要はあまり無いのでは?

チャイルドシートの装着に不便がなければ、2人の楽しめる車が一番最適と言えるのではないでしょうか。

この2度とない貴重な時期に、高級感のあるトヨタの「ハリアー」2WDをおススメします。

その理由は以下のとおりです。

1.高級感と居住性の良さで快適ドライブ

数あるSUVの中でも群を抜いて高級感のある「ハリアー」

奥行きも広く、室内高は1220mmと広々。18インチの大きいタイヤがゆったりとした室内空間をしっかりと支えて、乗り心地も快適です。

長時間のドライブでもSUVならではの安心した走りを満喫することができ、日頃のストレス解消にもなります。

室内に余裕があることで気持ちもリラックスでき、後部座席のシートは分割してフラットにすることもできるので、子どもが生まれてからも家族でお出かけが楽しめそう!

2.高級SUVを低燃費、低価格で

もちろん、「クラウン」や「レクサス」のような高級車なら更に良いですが、車両価格は新車なら600万、700万は当たり前。ベンツも買えるような高額車です。

その点「ハリアー」なら、新車でも280万円位~、中古車なら100万円位から購入可能です。

ハイブリッド車志向が強まるなか、この「ハリアー」はガソリン車の方が人気が高く、それだけガソリン車でも性能が良いことを表わしていると言えるでしょう。

車両価格もハイブリット車より90万円も安いので、より低価格で購入可能です。

さらに旧型からのダウンサイジングにより、エンジンが一回り小さくなり、自動車税も安くなりました。

また、2WDを選ぶこともポイントです。

なぜなら、2WDは4WDよりも車両価格が20万円ほど安い上に、4WDよりも車両重量が何十kgも軽いため燃費も良くなるからです。

2WDと4WDを比べた場合、4WDの方が安定していると考える人も多いですが、ハリアーなら、2WDでも4WDとそれほど変わりがありません。

ハリアー2WDのガソリン車の燃費は16.0km/Lですから、悪くないですよね。
降雪量が特に多い地域でなければ、新生活の家計にも優しい2WDをおススメします。

3.高額買取の可能性

現在、ハリアーは人気も高く、ニーズもあるので、乗り換え時に高額買取が期待できます。

ハリアーの中古車市場の購入価格の相場は、平成27年式で240万程度、平成14年式でも100万円以上と比較的高額になっているようです。

仮に、5年乗ったと仮定して、売却した場合、平成22年式で120万円~177万円程度で買い取ってもらえることもあります。

子どもが生まれるまでの夫婦の時間も大切に過ごしてください。ハリアーは5人乗りなので、この時期にしか乗れない車かもしれませんよ。
★「ハリアー」についての詳細はこちらの記事をお読みください!
トヨタ・ハリアー。高級クロスオーバーSUVの先駆者

とにかく節約が第一!

引用:http://www.honda.co.jp/Fit/

引用:http://www.honda.co.jp/Fit/

お金はいくらあっても困らないですよね。
子どもが増えることを考えて、なるべく経費は抑えたいもの。

内閣府の子育て費用に関する調査によると、一人の子どもを大学まで育てた場合、掛かる費用は合計で2400万~3000万円にもなるそうです。

それが2人、3人となったら・・・と考えれば、「節約が第一」となるのも無理はありません。

車を所有するには、車両代金だけでなく、ガソリン代、自動車保険料、自動車税、車検・整備などのメンテナンス料など何かと維持費が掛かります。新居に駐車場が無ければ、駐車場代も掛かります。

とにかく節約したいという人は、軽自動車にするのが一番ですが、車内スペースが広くなったとはいえ、安全性、居住性を考えると、普通自動車の方が子育てには最適です。

しかも、仮に10年乗って売却する場合、軽自動車はほとんど値がつきません。軽自動車は長期的に乗ることを想定していないからです。

そこで、おススメしたいのは、ホンダ「フィット」のガソリン車です。

その理由は以下のとおりです。

1.ガソリン車でも驚異の低燃費

フィットには、ハイブリット車とガソリン車の2種類ありますが、ハイブリッド車の方がガソリン車よりも車両価格が約40万円程度高いです。

燃費を比較すると、ハイブリッド車が30km/L位、ガソリン車が24km/L位で、確かにハイブリッドの方が燃費が良いですが、ガソリン150円/L として年間1万km走ったとすると1年間の差額が12,450円、エコカー減税などを含めても、もとをとるまでにかなりの年数がかかります。

フィットのガソリン車の低燃費は同レベルのコンパクトカーでもトップクラスなのです。

2.保険料の節約にも

法定費用である自賠責保険料が、軽自動車が26,370円なのに対して、コンパクトカーは24,950円と安くなっています。

また、普通自動車よりも一回り小さいコンパクトカーは、保険会社にもよりますが、任意保険料が軽自動車よりも安くなる場合もあります。

3.優れた走行性能と室内空間

F1にもエンジンを供給した経験のあるホンダならではのエンジンを搭載し、コンパクトカーとは思えないほどのエンジンパワーがあり、重い荷物を積んでもスイスイ走行することが可能です。

また、「センタータンクレイアウト」という本田独自の燃料タンクの配置技術で、後部座席の収納スペースが、同クラスの車の約1.7倍。コンパクトカーの中でも特に広く感じるでしょう。チャイルドシートの装着もラクラクです。

軽自動車ではちょっと、という方は、ぜひフィットをお試しください。

★購入方法についてはこちらの記事をお読みください!
新車のフィットを格安で購入する方法

将来のライフスタイルに合った車

引用:http://toyota.jp/alphard/

引用:http://toyota.jp/alphard/

結婚して家族が増える、これは大変うれしいことですが、家族で休日を過ごすためには、小さい車は何かと不便!

将来のライフスタイルに合った車に、今のうちに買い換えを考えてはいかがでしょうか。

中古車を10年も保有する人が22%もいることを考えると、現代の車は性能に優れ、長期保有にも耐えられる車が多くなったと言えるでしょう。

子どもが2人、3人と増えるかもしれません。その都度買い換えをするのは、経済的にも大変になります。

今、買い換えるなら、最低でも7人乗り以上のミニバンがおススメです。

ミニバンは、開け閉めに安心な電動スライドドアの装備や、室内・荷室の空間がゆったりとしていて、キャンプ道具やレジャー用品を積んで家族で出かけるのに最適です。

そこでおススメしたいのが、トヨタの「アルファード」!

その理由は以下のとおりです。

1.長期保有が可能

アルファードの2.4Lエンジンは、ヴェルファイアなど人気の車種と同じもので、不具合を何度か修正し、完成度の高いエンジンに仕上がっています。

トヨタの技術の結集ともいえるエンジンは、長期保有に耐えることができ、30万キロ走行でも壊れることがないと言わるほどです。

2.優れた居住性能でロングドライブも安心

2002年に発売して以来、他のメーカーのミニバンと比べると、ラウンジを思わせるような豪華な内装、力強さ、安定感、高級感が際立っていると思います。

3列シートのどこでも乗降しやすく、室内の広さもトップクラスを誇っていて、3世帯で一緒に快適なロングドライブが可能です。

3.高額な買取価格に期待

アルファードは新車の車両価格は、300万円~540万円位です。なかなかの高額商品ですので、中古車で購入する人も少なくありません。

程度の良いアルファードはすぐに売れてしまうため、高額な買取価格を期待することができます。

通常、査定が付かないといわれる10年を経過したものでも、70~80万円で買取ってもらえる可能性があります。

結婚から出産、子育てと目まぐるしく変わるライフスタイル。車の乗り換えが必要になったら、少しでも楽しい時を過ごせるよう、車選びは夫婦でよく話し合うことが重要。

そのときの参考になれば幸いです。

★購入方法についてはこちらの記事をお読みください!
アルファードの値引き方法 新車のアルファードを格安で購入する方法

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC