1. ホーム
  2. 車に関するお金の知識
  3. ≫値引き額が大きくなる車種と時期 モデルチェンジ前の車が一番狙い目

値引き額が大きくなる車種と時期 モデルチェンジ前の車が一番狙い目

072130
同じ車でも、メーカー・車種によって値引き額に違いがあります。もちろん、時期によっても違いはありますが、どういう理由で値引き額が大きくなりやすいのでしょうか。

今回は値引き額が大きくなりやすい車種と、その理由についてまとめていきたいと思います。

値引き額の大きくなりやすい車種とは?

072131
値引き額の大小は、車種によって違いがあります。

一般的に人気車種だからといって値引きしないかと言われれば、そういうわけではありません。例えば、フルモデルチェンジや、マイナーモデルチェンジをする前の車は、値引き額も大きくなりやすい傾向です。

これは、モデルチェンジすることで型が古くなるためで、型が古くなってしまうと販売店としても売りにくくなってしまうため、値引き額を大きくしてでも売りさばいてしまうとする心理が働きます。
7a8255da342a69ed5ad166ed354fcec3_s
その他、車両価格が高いが、あまり人気が高くない不人気車や人気のないボディカラーの車、ディーラー在庫車で長期在庫になっている車も、モデルチェンジ前や決算期・ボーナス時期にできるだけ売ってしまおうと考えるため、値引き額としては大きくなりやすいといえるでしょう。

ただ、人気車種の場合と同じく、不人気車だからといって一律で値引き額が大きくなりやすいというわけではありません。上記で書いたように、車両価格が高いのにあまり人気が高くない不人気車や人気のないボディカラーなど、値引き額が大きくなりやすい要素のある車もあります。

 
しかし、不人気車でも特定のファン層がある、いわゆる根強い人気のある車種というのもあります。そういった車種の場合、その車種を好きな人に売れればいいと考えるため、値引き額は小さくなる傾向です。

その他、他メーカーで競合関係にある車が多い車種の場合、一般的に値引き額が高くなりやすいと言われます。
072132

値引き額の大きくなりやすいメーカーとは?

一般的な傾向としては、ブランドイメージが定着している自動車メーカーのディーラーはあまり大きな値引きはしないと言われています。例えば、トヨタ自動車やレガシィのイメージが定着しているスバルも、一般的に値引き額が小さいメーカーと言われています。

これは、人気のある車種やボディカラーであれば、あまり値引きをしなくても売れます。また、ディーラー側もそのことを分かっているため。人気車種の購入を考えている人の場合、値引きを求められても、あまり大きな値引きをしない傾向にあります。

ただ、人気車種だからといってまったく値引きしないというわけではなく、上記で書いたようにモデルチェンジ前や不人気なボディカラーであれば、値引きに応じる場合もあります。

 
以前は、マツダ車は値引き額が大きいと言われていましたが、近年では標準装備を充実させることで、豪華感を出す戦略に変えています。不人気車であれば、まだ大きく値引きをしていますが、全体的にはマツダ車の値引き傾向は、以前ほどは高くないといえます。

値引き額が大きい車種~まとめ

072133
値引きが出やすい車種というより、モデルチェンジ前の車種や人気のないボディカラーなどの要素によって、値引き額の大小が決まってきます。

その他、以前であれば、値引き額が大きくなりやすいメーカーとそうでないメーカーに分かれていました。しかし、最近ではどこのメーカーも装備の充実などに力を入れるようになってから、位メーカー間での違いは少なくなっているようです。

また、値引き額の大小は、モデルチェンジ前や人気のあるなしという要素に左右される部分もあります。しかし、その他にも決算期・中間決算期や、夏・冬のボーナス時などといった繁忙期設定という要素にも左右されます。

できるだけ値引きしてもらって購入したいと考えるのは、消費者としては当然の心理です。車種別の人気・不人気だけでなく、決算などのディーラー側の事情もうまく考えてみることが大切です。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC