1. ホーム
  2. 車種一覧
  3. ≫プリウスの人気を探る ついに燃費40Lを超えたその内容とは?!

プリウスの人気を探る ついに燃費40Lを超えたその内容とは?!

プリウス基礎情報


プリウス基礎情報

エンジン

型式 2ZR-FXE
総排気量 1.797L
種類 水冷直列4気筒DOHC
使用燃料 レギュラーガソリン
内径×行程 80.5×88.3mm
圧縮比 13.0
最高出力〈ネット〉 72(98)kw(PS)/5,200r.p.m
最大トルク〈ネット〉 142(14.5)N・m(kgf・m)/3,600r.p.m
燃料供給装置 電子制御式燃料噴射装置(EFI)
燃料タンク容量 43L
燃料消費率(JC08モード) 37.2[34.0]km/L  40.8km/L(Eのみ)

フロントモーター

型式 1NM
種類 交流同期電動機
最高出力 53(72)kw(PS)
最大トルク 163(16.6)N・m(kgf・m)

リアモーター(E-Fourのみ)

型式 [1MM]
種類 [交流誘導電動機]
最高出力 [5.3(7.2)kw(PS)]
最大トルク [55(5.6)N・m(kgf・m)]

動力用主電池

種類 リチウムイオン[ニッケル水素]
個数 56[28]
接続方式 直列
容量 3.6[6.5]Ah
最低地上高 140mm(X-URBAN:160mm)

※S及びSツーリングセレクションはニッケル水素、他はリチウムイオンとなります

※E-Fourは全てニッケル水素となります

寸法・定員

全長 4,540mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
最低地上高 130[135]
乗車定員 5名

走行装置

ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション(フロント) ストラット式コイルスプリング(スタビライザー付き)
サスペンション(リア) ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング(スタビライザー付き)

※Eはリアのスタビライザーはつきません

ブレーキ(フロント) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(リア) ディスク
作動方式 油圧・回生ブレーキ協調式
駆動方式 トランスミッション
駆動方式 前輪駆動方式(FF) 4輪駆動方式(E-Four)
トランスミッション 電気式無段変速機
減速比 2.834[フロント2.834 リア10.487]

グレード別のメーカー希望小売価格(消費税込み)

Aプレミアム ツーリングセレクション ¥3,199,745
Aプレミアム ツーリングセレクション E-Four  ¥3,394,145
Aプレミアム  ¥3,107,455
Aプレミアム  E-Four  ¥3,301,855
Aツーリングセレクション  ¥2,926,800
AツーリングセレクションE-Four  ¥3,121,200
A ¥2,777,563
A  E-Four  ¥2,971,963
Sツーリングセレクション  ¥2,628,327
Sツーリングセレクション  E-Four  ¥2,822,727
S  ¥2,479,091
S  E-Four  ¥2,673,491
E  ¥2,429,018


※[ ] 内 は、E-Fourの数値です

昨年の12月にデビューして以来、好調な販売を維持している4代目プリウス。現在でもバックオーダーを抱え、納期は、グレードやカラーにもよりますが2~3か月となっています。

エコカーの代表選手として、とかく燃費ばかりが注目されますが、その斬新なスタイルも含め、あらためてプリウスの魅力を探ってみたいと思います。

リッター当たり40キロを超えた燃費

EグレードのJC08モード燃費は、リッター40.8キロとなり、ついに40キロの大台を超えてきました。

1970年代後半から80年代初頭の排ガス規制が一気に厳しくなった時代、どのメーカーもパワーダウンと、悪化する一方の燃費と戦っていました。

あれから40年近くの時を経て、クルマの燃費がこれほどまでに進化するとは、想像すらできなかったと思います。ただし、40.8キロの燃費を実現しているのはEグレードのみで、他のグレードはすべて37.2キロとなっています。それでも、3代目モデルの30.4キロから大幅にアップしてきました。

「燃費で他のクルマに負けるわけにはいかない」という、トヨタの強い意志と、それを実現する高い技術力を感じさせます。

全く新しくなったプラットフォーム

4代目プリウスには、まったく新しいプラットフォームが使われています。

TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)と名づけられたそれは、トヨタが次世代を見据えたもので、軽量化と低重心を実現した、まったく新しいプラットフォームです。

そのTNGAを使った第一弾が、プリウスなのです。

今までのプリウスは、どちらかと言えば「走りの良さ」に関して、それほど高い評価を得られていませんでした。乗り心地が良くない、ブレーキのフィーリングがイマイチ、コーナーリングが安定しない、等々。

燃費は素晴らしいが、走りを楽しむクルマではない、という評価が多かったようです。

しかし、新しいプリウスは違います。燃費だけではなく、走りも楽しめるクルマになっているのです。

先ず、ドライバーズシートの着座位置が、59ミリも下げられました。今までのプリウスユーザーが、ショールームで新しいプリウスに乗り込んだ瞬間、思わず「こいつは、スポーティーだ」と感じるはずです。

この低重心化は、コーナーリング中の安定感を大幅にアップさせています。

さらに、リアサスペンションが、トーションビームアクスルから、ダブルウィッシュボーンに変更されました。

この違いはとても大きく、低速での乗り心地の良さや、コーナーリング中のリアの接地間に大きな差が生まれます。

このサスペンションは、小型FF乗用車として、とても贅沢な設計と言えるでしょう。

斬新なエクステリアデザイン

プリウスの販売が好調な要因は、そのデザインにあるのかもしれません。

2代目から3代目へのモデルチェンジでは、それほど大きなデザイン上の変化はなく、所謂キープコンセプトと言ったものでしたが、新しいプリウスは違います。

デザイン上で3代目のイメージを継承している部分は、ほとんどありません。

シートの着座位置が59ミリも下げられたことによって、ボンネットフードの高さも大幅に下げられました。

それによって、2代目と3代目に見られた、ボンネットからルーフにかけてのワンモーションデザインと決別しました。Aピラーは、ボンネットのラインに続くことなく、フェンダー部に前後のラインを残して消えてゆきます。

3代目と新しいプリウスを真横から見比べると、全く違うシルエットであることに気づくでしょう。

更に、新しプリウスでは、様々なキャラクターラインを多用して、ディテールが複雑な折れ線によって成り立っています。

特にフロントマスクは顕著で、ボンネットからのプレスラインがバンパー部にまで延長されるなど、非常に凝ったデザインとなっています。リアも同様で、今までの面影は全くありません。

ブーメラン型のテールランプなど、好き嫌いがはっきりするデザインですが、トヨタはあえてそこに踏み込んできました。燃費の良さだけではなく、クルマとしての個性をはっきり出そうとする、トヨタの意図が見て取れます。

このように様々なキャラクターラインを多用して、デザインの完成度を高めるのは、とても高度な作業が必要だと思われますが、トヨタのデザインチームの力量を感じさせる、見事なデザインだと思います。

シンプルなグレード構成

グレードは、とても分かりやすい構成となっています。

下から、E、S、A、Aプレミアムという構成で、E以外ではツーリングセレクションという、パッケージが選べます。

この中で、Eグレードは、まさに燃費スペシャルと言えるもので、リアワイパーの省略なと、装備が簡略化されたモデルです。また、消音、遮音材も省かれており、一般ユーザーというより、法人向けと考えた方がいいでしょう。

価格は、242万円です。

Sになると、上級ファブリック素材のシートや、合成皮革のステアリングホイールなど、上級感が一気に高まります。
価格は、247万円となります。

Aは、トヨタの先進安全デバイスである、トヨタ・セーフティー・センスPが標準となります。

これは、
 

1、プリクラッシュ・セーフティシステム
~ミリ波レーダーと、単眼カメラを使用した、自動ブレーキシステム。

2、レーンディパーチャーアラート
~ウインカー操作を行わずにレーンをはみ出そうとすると、ブザーとディスプレイで警告を出す。

3、オートマチックハイビーム
~ハイビームとロービームを自動で切り替える。

4、レーダークルーズコントロール
~ミリ波レーダーと単眼カメラを使用して、一定の距離を保ちながら先行車を追走する。

以上の4つの安全デバイスがセットになったものです。

 
プリウスを購入するなら、トヨタ・セーフティー・センスPは是非セットしたい装備です。

価格は、277万円と、かなりアップします。

Aプレミアムは、Aに本革シートや本革巻きステアリングホイールなど、高級志向を満足させる仕様となっています。価格は、310万円になります。

お買い得モデルはどれか

実質的に、Sグレード以上であれば快適装備に不満はないはずです。

そこでSに装備されていないトヨタ・セーフティーセンスPをオプションで装備します。オプション価格は8万6千円です。この組み合わせが一番のお買い得モデルと言えそうです。

そして、できればツーリングセレクションをお勧めします。その理由は、ホイールサイズにあります。

プリウスのホイールサイズは、基本グレードではすべて15インチとなりますが、ツーリングセレクションを選ぶと17インチになります。

ハッチバックであるプリウスは、ボディー後半部にデザイン上のボリュームが集中し、上下方向が厚くなるのを避けられません。15インチのホイールサイズでは、その厚みに対して、足元が頼りなく見えてしまうのです。

そこで17インチを選ぶことで、ぐっとたくましくスポーティーになります。せっかく走りの質がアップしたプリウスですから、足元はカッコよく決めてほしいと思います。
カラーは、ずばり白系が似合います。新しいプリウスは、サイドウインドウ後端部が、ブラックアウト処理されています。

その効果で、ルーフが宙に浮いたように見えるデザインとなっていて、これがプリウスをスポーティーに見せている最大の要因となっています。

ダークなカラーでは、そこ効果が分かりずらく、特徴あるデザインを生かしきれません。

ホワイトパールクリスタルシャイン、またはスーパーホワイトⅡが絶対にお勧めです。

エアロパーツについて

プリウスには、メーカー純正エアロのほかに、TRDとモデリスタからも魅力的なエアロが選べます。

どちらも、トヨタグループ内のパーツメーカーであり、クルマと同時進行で開発されているため、装着時の精度感も非常に高いものがあります。

シャープでスポーティーなデザインをまとったプリウスには、エアロがとても良く似合います。

ハイブリッドカーは、もはや燃費だけで選ばれる時代ではなくなりました。

走る楽しさを手に入れた新しいプリウスで、新しいカーライフを思い切り楽しんでください。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC