1. ホーム
  2. 車売却のトラブル事例
  3. ≫ヤフオクや個人売買で車を売る時の注意点

ヤフオクや個人売買で車を売る時の注意点

24
一昔前であれば、中古車を購入する手段といえば、正規ディーラーか中古車販売店で購入する方法が一般的でした。個人販売という手段は、昔からありましたが、親族や家族、知人など親しい間柄で行われるものでした。

ただ、近年ではネット環境が整備されたことで、個人売買もやりやすくなり、ヤフオクなどのオークションで売買する人や、個人売買をマッチングするサイトや雑誌が多くなっています。

車は高額商品なので、できればお互いに気持ちよく利用したいものですが、個人売買やヤフオクならではの様々なトラブルが発生します。そこで、ヤフオクや個人売買の利点や起こりがちなトラブル、売買時の注意点についてまとめていきたいと思います。

ヤフオク・個人売買の利点とは?

25

ヤフオク・個人売買における最大の利点とは、業者の介在がない点です。間に業者が入ると、その分中間マージンがかかるため値段が高くなりがち。しかし、ヤフオクや個人売買では個人同士の取引のため、マージンの分安く手に入れられる可能性が上がります。

売る側にとっても、しっかりと相場を調査した上で売り値を設定して、しっかりと情報を載せておけば、想定したよりも高い値段で売れる可能性が上がります。

車が好きな人であればかなり大事に乗っているため、コンディションが良い車も多くありますが、走行距離や年式でおおよその買取額が設定されているため、思ったより安い値段になってしまうことがあります。また、ドレスアップ仕様車の場合、かえって査定額が安くなる場合もあります。

こういう車であれば、車に詳しい人やその価値をある程度知っている人に売却したほうが、かえって高く買ってもらえる可能性も上がります。

このように、「できるだけ高く売りたい」と考える売り手側、「できるだけ安く購入したい」と考える買い手側双方にメリットがあるのが、ヤフオクであり、マッチングサイトなどによる個人売買なのです。

ヤフオク・個人売買で起こりがちなトラブルとは?

26

ヤフオクなどのオークション、個人売買で起こりがちなトラブルで、最も多いのは代金に関するトラブルです。

よくあるのは、「代金を支払ったのに、肝心の車が届かない」というトラブルです。しかし、車は高額商品なので、相手に安心してもらうために車を先に渡して、後払いで払ってもらおうと思ったら、音信不通になってしまうというケースも見受けられます。

もちろん詐欺行為なので、警察に届け出ると詐欺案件として受理してもらえます。しかし、捜査の優先順位としては低くなるため、結局は泣き寝入りするしかない場合が多いようです。

次に多いトラブルとしては、名義変更に関するトラブルがあります。自動車税の納付通知書は、4月1日現在での所有者宛に郵送されます。そのため、4月2日になると、売った側に納付書が届いてしまいます。

3月の終わりに売買が成立した場合でも、4月1日までに名義変更が終わっていなければ、車が手元にないのに、自動車税の納付書が届くことになり、大きなトラブルにつながりかねません。

3番目としては、車の状態に関するトラブルです。

実際に現物を見て、自分が思っていたのと違う、もしくは実車のテスト走行ではしっかり動いていたのにいざ持ち帰ったら壊れてしまったというトラブルもよく見受けられます。

これは、実際に状態を見て納得した上で売買しているので、明確に売った側の責任とは言えない部分です。

その他、盗難車や事故車を買わされたというトラブルもよく見受けられます。売り主が知っていれば無条件で取り消すこともできますが、知らずに売っていた場合は取り消すことができないケースもあるので、慎重に見極めなければなりません。

トラブルを避けるために大切なこと

27

まず、一番大切なのはお互いにトラブルを避けるためにも、契約書を作っておくことです。車は、高額商品を扱うので、お互いに契約書をカワしておくことで、後々のトラブルを防ぐことができます。

買い主が安心して取引できるようにするためにも、売買成立後でも欠陥が見つかる、もしくは本来備わっている部品がない場合、1年間に限り損害賠償の請求や修理を依頼できる「瑕疵担保責任」をつけておくといいでしょう。

これは、ヤフオクなどのオークションで売買する場合ですが、しっかりと売却価格の相場を把握しておくことが大切です。初めてオークションで車を売る人がやりがちな間違いで、本来もっと高く売れるはずの車を、落札価格が高い人にその値段のままで売ってしまうというミスがあります。

売却価格の相場は、ネットの一括査定サイトで走行距離や年式などの情報を打ち込むだけでおおよその目安が分かります。これを目安としてオークションに出品すれば、売却価格のミスを防ぐことができます。

また、ヤフオクやマッチングサイトでは、現物を見るのは引き渡しの時が初めてという場合もあります。年式や車種、グレード、その他整備情報や修理歴、不具合や故障は正確に記載することが大切です。

また、引渡し時にはチェックシートを作成しておき、買い主と一緒に細部までしっかりと引渡し時の状態をチェックした上で、お互いに確認した証明を作っておくことも、取引の上では大事なことです。これがあれば、引渡し時の言った言わないを防ぐことにもつながります。

次に、代金の受取方法です。例えば、このような感じで記載しておくと安心です。

◎記載例

      落札後、24時間以内に連絡をしていただける方。
      初回連絡後、7日以内にお支払いいただける方。
      引渡し時には、一緒に状態をチェックしていただきますので、居住地(○○県○○市)まで取りに来ていただける方を条件とさせていただきます。
      また、落札価格とは別に、別途○万円お預かりさせていただきます。
    ○万円については、名義変更完了後に返金させていただきます

その他、キャンセル時の条件の記載も必要です。

個人売買の際に気をつけるべきポイントについても、オークション利用時とほとんど変わりません。ただ、個人売買の場合は、比較的近隣に在住の方との取引となりやすいのが利点です。

相手に住民票を取ってもらい、購入費用を支払ってもらった後、飼い主の住所の陸運局に行って必要な手続きを行った上で、引き渡すこともできます。もちろん引き渡す前に、現在のコンディションのチェックは忘れないで下さい。

名義変更の際に大切な書類は、以下のとおりです。

      ・車検証
      ・自分の印鑑
      ・ナンバープレート
      ・相手の印鑑
    ・相手の住民票

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC