1. ホーム
  2. 車に関するお金の知識
  3. ≫離婚が決定!車を売るorどちらかに名義変更?どちらがおすすめですか?

離婚が決定!車を売るorどちらかに名義変更?どちらがおすすめですか?

残念ながら離婚が決定! 長い人生、そんな場合もありますよね。
車は大切な財産の一つです。
車も財産分与の対象となりますが、ローンが残っている車だったらどうでしょう。
売った方が良いのか、どちらかの名義に変更した方が得策なのか、再出発のためにしっかりと把握しておきましょう。

離婚時にローン残のある車! 財産分与との関係は?

財産分与とは、「婚姻生活において築いた財産、または夫婦で協力して共有していた財産は分与しなければならない」と法律で定められているものです。

車は高額な財産ですので、離婚時にトラブルになることが多いのが現状です。
特に車のローン残など借金がある場合は、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。
なぜなら、財産分与はプラスの財産だけでなく、車のローンや夫婦以外からの借金などマイナスの財産も分与の対象となるからです。

財産分与の対象になる車とならない車

車なら全てが財産分与の対象になるかというと、対象にならない場合もあります。

結婚前にどちらかが所有していた車は個人財産です。
夫婦の共有財産ではないので、財産分与の対象にはなりません。
また、どちらか一方の実家から譲り受けた車や、お金を出してもらって購入した車も夫婦間で築いた財産ではないので、財産分与の対象とはなりません。
ただし、車検やメンテナンスなど、車の維持費等を配偶者に支払ってもらった場合などは、対象となる可能性があります。

上記のような場合であっても、車のローンが残っていて、結婚後に夫婦間のお金で支払いをしていた分については、財産分与の対象となります。

車の財産分与の方法

車が財産分与の対象になるとわかったら、財産分与の方法を選択します。
一般的には、
・車を売却し、割合に応じて利益を分ける
・そのままどちらか一方が乗り続ける
などの方法がとられますが、ローン残がある場合は簡単にはいきません。
離婚後の生活にも大きく影響しますので、十分に話し合い、まずローン残を完済することをおすすめします。

車を売却して財産分与するケース

【ローン残がない場合】
まず、一般的に車を売却する場合をみていきましょう。
1.車の売却価格を調べる
車を売却するケースでは、その車の適正評価額を調べることがポイントです。
インターネットなどで中古車の相場価格を参考に、買取業者に査定を依頼し、より正確な売却価格を出します。

2.分配割合を考える
売却金額の分割は、購入した際の負担額によって分割割合が決まります。
例えば、自分が50万円、相手が150万円負担(負担割合1:3)して車を購入。車の売却価格が100万円だった場合は、
100万円×1/4=25万円
となり、25万円がもらえます。

【ローン残がある場合】
ローン残がある場合は、売却金額からローン残高を引いた金額に、購入時の負担割合に応じて、利益を分配します。
例えば、自分が50万円、相手が150万円負担(負担割合1:3)して車を購入。売却金額が100万円、ローン残高が20万円だった場合
(100万円-20万円)×1/4=20万円
となり、20万円がもらえます。

しかし、売却金額よりもローン残高の方が多く、借金が残る場合もあります。
ローン残がある場合は、売却することができませんので、まずは完済することが条件となります。
その場合でも、ローンも夫婦の共同生活によって生じたもので、財産分与の対象となりますので、原則としてはローン残高から売却金額を引いた金額を、購入時の負担割合に応じて負担することになりますが、実際は簡単にはいきません。

・車を頻繁に利用するのがどちらか一方である
・売却金額が大幅に減額されるのが相手の事故によるものである
・婚姻中のローンの負担率に不公平がある
など、複雑な事情がありますので、実際には話し合いにより負担率を調整することになります。

どちらかが乗り続けるケース

車を売却せず、どちらかが乗り続ける場合をみてみましょう。
【ローン残がない場合】
1.車の評価額を調べる
車を売却するケースと同様に、車の適正評価額を調べます。
乗り続けるケースでは、売却金額ではなく、分配するときの市場価格(時価)が分配対象金額となります。

2.分配割合を考える
乗り続ける場合の負担割合も、購入した際の負担額によって決定されます。
例えば、自分が50万円、相手が150万円負担(負担割合1:3)して車を購入。車の時価が100万円だった場合は、
100万円 × 3/4 = 75万円
を相手に支払うことで公平に分配されたことになります。

【ローン残がある場合】
ローン残がある場合は、車の時価からローン残高を引いた金額を分配対象金額とします。
例えば、自分が50万円、相手が150万円負担(負担割合1:3)して車を購入。車の時価が100万円、ローン残高が20万円だった場合
(100万円-20万円)×3/4=60万円
となり、60万円を相手に支払うことになります。

車の時価よりもローン残高の方が多い場合は、購入時の負担割合よりも、購入後の事情が複雑に関係しますので、ほとんどの場合、話し合いによって決められます。
多くの場合、
・残りのローンを乗り続ける方が支払いをしていく。
・乗り続ける方の経済状況が厳しい場合は、事情により相手に負担を依頼する。
などの方法が選択されますが、ローンの名義人が誰かということが重要です。
ローンの名義人以外の人が車に乗り続ける場合は、後々大きなトラブルになる可能性があります。

そのまま乗り続ける場合、車の名義に要注意!

どちらかが車を乗り続ける場合、車の名義には注意が必要です。
名義人以外の人が車を売却することができませんし、もし、ローンを組んでいて支払いが滞った場合、名義人によって車が差し押さえられる危険性もあるからです。

名義人以外の人が車を所有する場合は、「名義変更」をする必要があります。
車の名義は車検証の「所有者」または「使用者」の欄で確認することができます。

車のローンが残っているときは、ローンを支払っている人の名義にはならず、ローンが完済されるまで、「所有権留保」という登録状態で、名義は「第三者」(ローン会社やディーラーなど)となっています。
この場合は、車検証の「使用者」に記載されている人が重要です。

車の名義は後々大きなトラブルの原因にもなりますので、必ず名義を確認しておきましょう。

ローンが残っている場合の名義変更の注意点

ローンが残っている場合は、所有者が自分達ではないので、勝手に名義変更することができません。
そういった場合の名義変更は、ローン残高を一括返済したうえで「所有権解除」の手続きを行なってください。

ローンを組む場合、経済的にみて、支払い能力の高い夫になることが多いと思います。
ローンの完済後、夫が車に乗り続ける場合は名義人が夫になるので問題はありませんが、名義人以外、つまり妻が車に乗り続ける場合は、さらに夫から妻への名義変更が必要になります。

また、ローン残高を一括返済できない場合も少なくありません。
車に乗る人の名義がローンの名義人でない場合、ローンを組み直す方法もありますが、仮に主婦である妻では、経済的にローンが組めない可能性もあります。
そのため、実際にはローンの名義はそのままにして、ローンが完済した段階で名義変更をするというケースが多いようです。

ただ、この場合は大きな問題が発生する可能性があります。
ローンの名義人が離婚後に自分の車を購入する際にローンを希望しても「二重ローン」となり、審査が通らないことも考えられます。

さらに、ローンが完済しても、名義人ではない人が車を売ることはできません。
いざ車を売却するときには、離婚後でも名義人にお願いすることになります。
その他、車の所有者には納税義務が発生しますし、保険料の支払いや事故を起こした場合など、掛かる迷惑は計り知れません。

また、「道路運送車両法」では、『使用者』や車の保管場所などに変更があったときは、名義変更することが義務付けられていますので、なるべく所有者の名義に変更しておく方が良いでしょう。

まずは、なるべく分け合う財産の中からローン残を完済することをおすすめします。

離婚時にローンが残っている場合、車を売却するべきか、そのまま乗り続けるべきか悩む人も多いと思います。

車を売却する場合、車の売却価格がローンの残よりも高ければ、利益となります。
もし、売却価格がローンの残よりも低くても、負の財産も夫婦共有ですから、ローンの残も半分になります。

どちらかが車を乗り続ける場合においても、ローン残は完済しなければなりませんし、ローンの名義人が自分ではない場合、そのままにすることはリスクが大変高くなる上に、面倒な名義変更手続きが必要になります。

車は年式が古くなればなるほど査定額は低くなります。
今のうちになるべく高く売却して、ローンを完済し、一日も早く新たな道に踏み出されることをおすすめします。

====================================
http://tajimi-law.com/rikon/chotei/isharyo.html
http://www.ri-con.com/money/06.html

借金の残る車、離婚時の財産分与でよくあるトラブル


http://www.adire-rikon.jp/money/zaisan.html

離婚する時、ローンが残った車はどうすべき?


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1390783553?__ysp=6Zui5ama5pmCIOi7iiDjg63jg7zjg7Pmrovjga8g5Z2H562J44Gr5YiG44GR44KL
http://shisan-hozen.com/zaisanbunyo/zaishanbunyo-car.html
http://shisan-hozen.com/column/%E8%B2%A1%E7%94%A3%E5%88%86%E4%B8%8E/hudoushan-zaishanbunyo.html
http://xn--u9j8a7iyad9u8cwc8d7635d.blogspot.jp/2014/11/car-zaisanunyo.html

離婚する際にローンが残っている場合、取るべき行動は?


http://sanda93i.com/jidoushameigihenkou.html
http://xn--h1s433jtcf.com/
http://kuruma-hack.net/rikon-tebanasu/
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4332408.html

意外と大変!車の財産分与!

自動車ローンにおける車検証上の名義人

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC