1. ホーム
  2. 車査定の知識・情報
  3. ≫【暴露】スタッドレスタイヤを履いても車を高く売るのは無理です!

【暴露】スタッドレスタイヤを履いても車を高く売るのは無理です!

少しでも高く車を買取ってもらいたいと誰もが思いますよね。
スタッドレスタイヤを履いていると車の査定は高くなるのでしょうか。
今回はスタッドレスタイヤに焦点をあて、スタッドレスタイヤを履いた車の査定等について詳しくみていきたいと思います。

車の売却時スタッドレスタイヤは査定額アップに効果なし!

寒冷地域ではスタッドレスタイヤは車に乗る人にとって絶対必要なものでしょう。
でも、車を売る際にスタッドレスタイヤを履いていると高く買い取ってくれるかといえば、それは無理!と思っておいた方が無難です。

なぜなら、買取った車を販売する場合、スタッドレスタイヤを履いていても、車の価格はあまり変わらないからです。
夏の時期であれば、スタッドレスタイヤを履く人はいませんし、冬になっても雪のあまり降らない寒冷地域以外であれば、ノーマルのまま過ごす人も少なくありません。
高額なスタッドレスタイヤを購入するよりも、必要なときだけチェーンを履けば良いわけですから、絶対に必要とは限りませんよね。

つまり、冬場や寒冷地域、スキーやスノボを楽しむ人など、スタッドレスタイヤは限られた人にしか使用されません。
反対に、スタッドレスタイヤの置き場に困るという理由から、嫌がられる可能性すらあります。
そうなると、販売する際にノーマルタイヤに付け替える必要もあり、手間を考えたら業者にとってあまり有難くない話なのです。
実際に、オークションでもスタッドレスタイヤはそのまま売られていることがほとんどで、入札金額も大きくプラスになることがありません。

車の売却時にはスタッドレスタイヤがマイナス査定になるケースも

車の査定では、純正品が基本です。
寒冷地域以外では、スタッドレスタイヤの必要性があまりないため、スタッドレスタイヤを履いていると、高額査定どころか、純正品以外が付いているとみなされて、マイナス査定になるケースもあります。

また、タイヤは消耗品です。
スタッドレスタイヤは約3年で使用できなくなると言われていますので、摩耗がひどく、ノーマルタイヤもないとすればタイヤの処分料を減額する買取業者も少なくありません。
ノーマルタイヤがあれば履き替えて査定を受けることをおススメします。

どんな状態ならスタッドレスタイヤとして売却可能?

スタッドレスタイヤは雪道や氷の上を走るので、安全性には気をつけなければなりません。夏タイヤとは判断基準が変わります。
安全に走行可能か、売却できるかどうかのポイントをご紹介します。

1.溝の深さ
夏タイヤよりも溝が深いため、まだ走行できると勘違いする人が多いですが、夏タイヤよりも十分な注意が必要です。
溝の深さが半分以下では、スタッドレスタイヤとしての効果はありません。
夏タイヤでは「スリップサイン」と呼ばれる判断ポイントがありますが、スタッドレスタイヤは「プラットホーム」と呼ばれる部分で判断します。
「プラットホーム」とは、タイヤについている4個の出っ張り部分を指します。
(※分からない人は、地面の接地部分ではなく、タイヤの側面にある矢印を見つけてください。その方向にプラットホームはあります。)
溝の深さが、その「プラットホーム」の出っ張りと同じになると「溝の深さが半分」というサインです。
その後、夏タイヤと同様、スリップサインが出るまでは、夏タイヤとして使用が可能ですが、スタッドレスタイヤとしては使用不可となります。
プラットホームの高さは約5mm、スリップサインは約1.6mmです。

2.ゴムの硬化度
スタッドレスタイヤは、雪や氷に食い込むようにつくられた特殊配合のゴムを使用しているため、硬くなってしまっては性能が大幅に落ちることになります。
一般的には、ゴムの硬度計でタイヤの柔らかさを判断しますが、メーカーによっても基準がいろいろで素人では判断が難しいです。
心配であれば、カー用品店や整備工場などで計測可能ですので、一度見てもらうと良いでしょう。
メーカーやゴム質によっても違いますが、未使用でも2~3年で劣化は進んでいくと言われています。
運転時に止まりにくい、発進しにくいなどと感じたら2~3年経過していなくてもスタッドレスタイヤとしては使用できない可能性があります。

3.タイヤの製造年から判断
スタッドレスタイヤの側面には、製造年の刻印があります。
いつ購入したか分からなくなったら、製造年から判断してみてください。
アルファベットに続く下4桁の数字で表記され、初めの2桁が「週」、後ろの2桁が西暦です。
例:YYY2207(ヨコハマ2007年22週目)

自分のスタッドレスタイヤを一度見直してみましょう。

スタッドレスタイヤの賢い利用方法

スタッドレスタイヤが新品同様の場合、スタッドレスタイヤを単品で賢く利用する方法があります。

金銭面だけを考えたら、ネットオークション等で、スタッドレスタイヤだけ別に売却するのが一番お得な方法です。
ネットオークションなら、送料は落札者が負担してくれるので、簡単に処分することができます。
しかし、ネットオークションはちょっと心配!という人は、スタッドレスタイヤを専門に買取する業者もあります。
地元の中古タイヤの買取業者やリサイクルショップに売却するのも良いでしょう。

また、タイヤには当然適合する車種があります。
次の車の買い替え時に、とっておいたスタッドレスタイヤは履ける車を購入するのも無駄を省く一つの方法かもしれません。

いずれにしても、スタッドレスタイヤは、置き場所にも困りますし、あまり使わなくても年月が経てば自然劣化してしまいます。もったいないと思わず、早めの売却をおススメします。

スタッドレスタイヤ車が高く売れるケース

スタッドレスタイヤを履いた車が高く売れるケースが全くないわけではありません。
北海道や東北地方、新潟など豪雪地帯に販売拠点や強い販売ルートを持っている業者であれば、スタッドレスタイヤの価値をきちんと評価してくれる場合があります。

その場合であっても売却時期は重要なポイントです。
夏場はやはり売れないので、冬に入る少し前、10月~11月頃が一番買取価格がアップする時期ですので、その頃に売却を検討されてはいかがでしょうか。

スタッドレスタイヤの評価は査定業者によって変わるところです。
スタッドレスタイヤの評価を知りたい場合は、一括査定などを利用してみるのも良いかもしれません。

スタッドレスタイヤ車に高額査定する業者に要注意!

「スタッドレスタイヤを履いているなら○○万円プラスします」といってくる買取業者には注意が必要です。
その分を他のところで減額したり、後々になって買取価格を変更することも考えられます。

自分のスタッドレスタイヤがいくらぐらいになるのか、業者の提示された買取り価格に対してきちんと交渉するために、相場を事前にネットなどで知っておくことも重要です。
プラスになる理由をしっかり聞いて、納得してから買取を依頼するようにしましょう。

購入時には、結構高価なスタッドレスタイヤも、売却する手間などを総合的に考えると、それほど得にはなりません。
スタッドレスタイヤを履いても車を高く売ることは難しいので、そのまま売却することが一番望ましいのではないでしょうか。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC