1. ホーム
  2. 車査定の知識・情報
  3. ≫車を売買する時に目にする修復歴|どういった車が修復歴のある車なの?

車を売買する時に目にする修復歴|どういった車が修復歴のある車なの?

車を売買する時によく目にする「修復歴」。見た目には分からないことも多く、購入時には不安ですよね。
今回は、売る時にも査定額に大きく影響がある「修復歴」や「事故車」について紹介します。

「修復歴」の定義とは

自動車には強度を保つためにフレームやシャシといった重要な骨格部分があり、その損傷に対して、骨格部位の交換あるいは修復(修正・補修)をした経緯を「修復歴」と呼び、軽度の修理や補修と区別して扱っています。
そうした修復歴のある車は「修復歴車」あるいは「事故車」と呼ばれます。

一般財団法人 日本自動車査定協会による「修復歴車」の定義は、「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」としています。

事故を起こした車両すべてが「事故車」や「修復歴車」となるわけではありません。
事故によるフェンダーやバンパー、ドアの交換および修理、軽度の追突事故程度では、車の走行に関しては影響がありません。
極論を言えば、どんなにひどい事故であっても骨格部分の修復がなければ、修復歴とはならない、ということです。

「修復歴車」と「事故車」の違い

どちらも車の骨格部分の修復歴がある、という点では同じですが、その修復の原因が必ずしも事故によるものとは限らないので、現在では「事故車」を「修復歴車」と呼んでいます。

台風や地震などの自然現象が原因により、土砂崩れや落石に遭遇した場合、大きな障害物に乗り上げた場合など、事故以外でも骨格部のフレームが曲がることはあります。

しかし、残念ながら修復歴車のほとんどは事故を起こしているので、修復歴車=事故車というイメージは強く、査定額が減額になるケースも多いのが現状です。

事故車を隠して売却した場合こんなことにも!

査定を受ける際に、事故の有無は必ず聞かれます。このときに、正直に申告せず、隠す人も少なくありません。
もし修復歴を隠してそのまま売却した場合、どうなるのでしょうか。

買取られた車は、すぐに販売されるわけではありません。
中古車販売店に並べるにしても、オークションに出すにしても、もう一度、綿密に査定されますので、事故車であることは必ず発覚します。

契約書には、法律上「瑕疵担保責任」と言って、何らかの隠れた瑕疵(欠陥)が見つかった場合、売主は買主に対して責任を負わなければならない、ということが書かれています。
どのような責任かというと、瑕疵(欠陥)部分の補修代や売買代金の減額分の返金、契約解除など、最悪の場合、損害賠償を問われることもあります。

後々のためにも、事故車であることは正直に申告しておきましょう。

正しく申告した「修復歴」なら査定士のミス

査定のプロである査定士は、高い査定スキルとノウハウをもった専門家です。
事故車であることを隠そうとしても、査定士にはバレてしまいます。

一般財団法人 日本自動車査定協会では、事故車査定のために、事故車発見のポイントや修復歴の判断基準について、研修を行なうほど、「修復歴」発見を重要ととらえています。
これは、事故車を見落としは、査定者や会社の信頼を失うばかりでなく、多額の損失、生命の危険にも至る重大な過失と考えるからです。

しかし、こうした高い査定スキルをもった査定士でも、損傷の程度を100%把握するのは大変難しいとされています。

売却の際、「修復歴」があることを正しく申告していたにもかかわらず、買取契約後に「修復の程度が思ったよりひどいから」と、減額や費用の負担を要求してくる業者もいます。
しかし、これは完全な査定士のミスですから、売却側に瑕疵担保責任はありませんので、応じる必要はありません。

「修復歴」が車の売買に与える影響とは

中古車にとって修復歴は、その価値を左右する重大な要素と考えられています。買取すら拒否する業者も存在するのも事実です。

ガリバーもその一つで、「修復歴のある車を販売しない」ことをポリシーに掲げています。ガリバーのような大手は、独自の販売システムをもっているので、あえてリスクを取らなくても良いのです。

しかし、多くの業者では、修復歴があっても買取に応じてもらうことは可能ですが、査定額に大きく影響することは間違いありません。

また、購入者側も事故車と聞くと、購入をためらう傾向が強くなります。
今の乗用車のほとんどは、モノコック構造といって、ボディとシャシが一体となった構造で、車体を軽量化し、外部からの衝撃を吸収させ、車室内の安全性を確保するようにつくられています。
そういった観点から、「車の骨格部分を修復した」と聞くとイメージが良くないばかりか、「まともに走らないのではないか」と考える人も多いからです。

「修復歴」の有無によってこんなに違う査定額!

一般的に、修復歴の有無による査定額の差は、2~3割程度と言われています。

修復内容としては、車体フロアの下面の「フロア」や「フロアサイドメンバ」、計器盤が取り付けられる「ダッシュパネル」の修理および交換は、修復規模が大きく評価されます。
同じ修復でもルーフパネル(屋根)の交換や、窓の間にあるピラーの修復・交換などは比較的修復規模としては小さい評価になります。

参考までに、カーセンサーでの一例をみると、
走行距離2万km、2年落ちのプリウスで、
修復歴なし→243万円
修復歴あり→188万円 と60万円も差がついています。

また、年式が新しい車ほど、修復歴に対して大きなマイナス評価となり、減額される可能性が高く、年式が経過するにしたがって、差額は小さくなります。

査定額が安くなる「修復歴車」も考え方次第!

余りひどい修復は廃車になりますが、そうでない場合、一部が残っていれば完全に元通りに修復は無理でもほとんど問題なく修復することが可能です。
むしろ、新品に交換される部品も多くありますので、サビなどの経年劣化の激しい車では、考え方次第で、骨格部分が新しくなったとも言えるのではないでしょうか。

そうでなければ、修復車は全て廃車になるはずですよね。
通常の業者は修復歴をきちんと把握し、走行に問題がないとして評価し、販売しているからです。
購入時には、一概に「修復歴車」と敬遠せず、よく確認してみましょう。意外に掘り出しものがあるかもしれません。

このように車種によっても、修復箇所や修復範囲、修復の仕方によっても車の評価は変わってきますので、一度、業者に相談されることをおススメします。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC