1. ホーム
  2. 車査定の知識・情報
  3. ≫車を売りたい人必見!一番高く売れる時期を狙えば車は高く売れる!

車を売りたい人必見!一番高く売れる時期を狙えば車は高く売れる!

どのようなビジネスもタイミングが大切ですが、車に関してはどのタイミングで売るのが良いのかよく分からない人も多いのではないでしょうか。何度も何度も売るようなものではないだけに、タイミングを掴むのが難しいのです。自動車業界関係者であれば、何となく分かるかもしれません。ですが、普段自動車業界とは縁の無い生活を送っている人にとって、「高いタイミングはいつなのか」と聞かれた所でなかなか分からないのではないでしょうか。
そこで、いつ売却するのが良いのか。いくつかポイントがありますので、覚えておくと良いでしょう。

・買取業者の決算期
買取業者にとって、車の買取はいわば「仕入れ」になります。仕入れた車を整備・点検を行い、中古車として販売するのです。
これが中古車を取り巻くビジネスですが、中古車業者の多くが3月か9月が決算になりますので、その時期は査定が高くなります。その時期には多くの仕入れを行っておきたいからです。特に3月は年度末ですので、この時期は高くなりやすい時期です。車を売りたいのであれば、この時期は狙い目として覚えておいた方が良いでしょう。

・4月も密かに狙い目
先に年度末が狙い目だと言いましたから、4月もとなると矛盾しているのではないかと思われてしまいますが、実は4月もまた、高く売れるタイミングです。なぜなら、3月は決算期ではあるのですが、多くの人が環境が変わる時期ですが、何方かと言えば売る方が多いと言われています。その理由は税金です。自動車は4月1日に保持している事によって税金がかかります。そのため、それまでに売りたいと思っている人が多いのです。
極端な話ですが、4月2日に廃車したとしても、1年分の自動車税を支払わなければなりません。ですので、自動車を手放すタイミングとしては3月末が税金面では最も良いタイミングなのです。普通乗用車では4月1日に保持しているだけで数万円の税金がかかります。つまり、3月末には「売り注文」が増えるのです。
また、4月から新生活を送る人も多いです。4月からが「新年度」になりますので、それを機に転勤ですとか、あるいは地元に戻る、地元から出るといったように、この時期には環境が変わる人が多いです。引っ越し業界がこのシーズンが「繁忙期」なのがそれを物語っているのではないでしょうか。つまり、4月から車が不要になる人もまた、年度末までに何とかしなければならないのです。税金も重なりますから、出来るだけ早いうちに処分をと考えるのです。
いくら決算期が多いからとはいえ、このように売り注文が殺到しているとなれば買取業者の方が立場が強くなります。
売ろうかどうか迷っているのではなく、明確に「3月31日までに売りたい」お客なのですから、交渉のイニシアチブは買取業者が握っているのです。
ですが今度は逆に4月に入ると「売り注文」が一気になくなります。それもそのはず、売りたい人は3月31日までに売っているのです。4月1日以降も保持しているという事は、自動車税を支払う覚悟がある、つまりは乗り続けるからと決めていますので、自動車の買取案件そのものが一気に落ちます。年度末にある程度仕入れているとはいえ、4月は買い注文も多いです。新しい環境となり、車でもと思う人も増えるのでしょう。

・需要が高まるシーズン
車の需要が特別高まるシーズンもあります。それはやはり行楽シーズンです。この季節にはマイカーで何かをしたい。
あるいは、そのタイミングを機にマイカーを購入しようと考えるようになる家庭が多いです。ゴールデンィークや秋の行楽シーズン、お子様がいる家庭の場合には夏休みや冬休み前。この時期はわずかではありますが自動車の需要が高まりますので、中古車も売れ行きが良くなります。売れ行きが良くなるという事は、中古車業車の在庫が手薄くなる時期ですので、この時期もまた、売却するのであればチャンスです。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。