1. ホーム
  2. 車に関するお金の知識
  3. ≫輸入車の上手な値引き方法 正規輸入と平行輸入のどっちがおすすめ?

輸入車の上手な値引き方法 正規輸入と平行輸入のどっちがおすすめ?

072147
車好きな人であれば、憧れる人も多いのが輸入車に乗ることでしょう。ただ、実際には国産車と比べても高価なため、二の足を踏む人も多いことと思います。

また、輸入車に関しては知らないことが多いことと思います。

そこで、輸入車の購入方法や値引き方法などについて、まとめていきたいと思います。

輸入車の特徴について

yunyuu1
輸入車は、フェラーリやポルシェなどの高級外車のイメージが強いことから、お金持ちが乗っているというイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかし、フォルクスワーゲン・ゴルフやメルセデス・ベンツのAクラス、アウディA3シリーズのようなコンパクトカーも多く、こういった車種であれば日本でも人気があり、一般人でも普通に乗っているため、公道で見かける機会も多いと思います。

もちろん、車種やグレード、モデルによって金額によっても違いがあるので、一概にはいえません。ただ、これらのコンパクトカーは値段的にも250万円~300万円ほどとこなれていることから、日本でも人気の高い車種です。

 
内装も、豪華な車種が多いので、新車・中古ともに憧れる人も多いのが輸入車の特徴です。

輸入車の種類について

072148
輸入車は、正規輸入車と並行輸入車の二種類に分かれます。

簡単に言ってしまうと、正規輸入車というのは正規輸入ディーラーが輸入して、販売している車のことをいいます。逆に並行輸入車とは、個人輸入や並行輸入車販売店が輸入して、販売している車のことをいいます。

正規輸入車

正規輸入車は、外国で製造されているという点では並行輸入車と同じです。しかしながら、日本で使用することを前提にしているので、日本の基準に合わせて仕様変更を行い、型式認定を受けています。

正規輸入業者が日本に輸入して、ヤナセなどの正規ディーラーで販売するので、保証はディーラーで受けることができます。

どの車種やグレードを製造するかは、あくまでもメーカーが決定するため、必ずしも欲しい車種やグレードが正規輸入されるとは限りません。また、車両価格も並行輸入車と比べて高くなります。


並行輸入車

「並行輸入」という名前がついているので、正規輸入業者を通さず、個人の輸入業者や並行輸入車販売店が輸入手続きを行い、販売を行っています。そのため、正規輸入車として販売されていない車種やグレードでも購入することができます。

また、並行輸入車販売店が輸入したものを購入するか、自分で注文して取り寄せてもらう方法もあります。基本的にその時の為替レートで購入するため、円高の時に購入すると購入費用も最大限抑えられますし、すでに輸入しているものを購入する場合でも、正規輸入車を購入する場合と比べて、費用が安くて済みます。

その他、故障した場合の部品の取り寄せに時間がかかる場合や、使用できる工具に制限がある、保険において不利益な補償内容になってしまうケースがあるなど、不利な点もあります。

輸入車の販売手段について

輸入車の販売方法としては、大きく分けて3つあります。

・ 正規輸入ディーラー
・ 並行輸入車(新車)
・ 並行輸入車(中古車)

保証やリコールがあった際のアフターフォローという点では、やはり正規輸入ディーラーに一日の長があります。特に初めて輸入車を購入する人や補償内容の充実を求める方は、多少高くても正規輸入ディーラーで正規輸入車を購入することをおすすめします。

逆に、並行輸入車は代理店を通さずに、個人や輸入販売業者が輸入・販売を行います。正規輸入車は主要車種・グレードしか販売されませんが、その分ディーラーで取り扱わない車種やグレードなども扱っているので、希少車に出会える可能性があります。

ただ、保証についてはあってないようなものなので、本当に輸入車が好きな人や何かあっても自分で対処できる人など、上級者の方におすすめします。

その他、並行輸入車であれば、海外の中古車を日本に輸入して販売する場合もあります。こうした車は、中古並行輸入車と呼ばれますが、国産の中古車と同じく状態には当たり外れがあります。
072150
また、もう1点注意しなければならないのが、登録年度の問題です。中古車の場合、海外で乗られていた車を輸入して、中古車として販売しますが、日本に輸入された年を登録年式とするので、海外で2008年(平成20年)に販売された車でも、輸入されたのが2016年(平成28年)であれば、車検証の年式は平成28年になります。

中古並行輸入車を購入する場合、海外で販売された年度(年式)もしっかり確認しておく必要があります。

輸入車に値引きはあるのか?あるとしたらそのコツは?

072151
輸入車といえば、ポルシェやフェラーリのような高級外車のイメージが強いため、値引きはないものと思っている人も多いかもしれません。

確かに、高級外車の輸入ディーラーで値引き交渉をしたら、「初めて値引き交渉された」と笑顔で言われたという話もありますが、正規輸入ディーラーで購入した場合は、たいてい値引き分を見積書に記載しています。

値引きしてもらうために大切なことは、国産車と大きな違いはありません。人同士の交渉なので、あまり無理な交渉は行わず、ディーラーの営業に気に入られることが大切です。

また、輸入車の値引きには大幅値引きを得られやすい時期があります。

・ 決算時期(4月と9月)
・ 年度モデル切り替えがある時
・ 在庫車

 
輸入車ディーラーでも販売ノルマがあります。どのディーラーでも決算月の4月、中韓決算月の9月がノルマの期限です。4月に間に合わせたいと思えば3月末に、中韓決算月の9月に間に合わせたい場合は8月末に登録を済ませなければなりません。

登録のタイミングを考えると、3月もしくは8月の初旬~中旬(第1週~第2週)は値引きを得られやすいタイミングです。

輸入車には、毎年仕様変更を行なって販売しています。これを年度モデルと言いますが、前年のモデルがあると売りにくくなるため、切り替え時期になると前年モデルを値引きすることがあります。

輸入車ディーラーにもノルマがあり、ある程度の在庫を仕入れています。年度内に売り切ることができればいいのですが、残ってしまうと次年度に繰り越されてしまうため、値引きしてでもできるだけ年度内に売り切ろうとします。こういった在庫車が出てきた時も、値引きをしてもらえます。

もちろん、時期や為替レートの状況、ディーラーごとの状況によっても違いはあるものの、ディーラー在庫であれば15%~20%、輸入代理店の在庫であれば10%~15%程度の値引きが目安になります。

例えばディーラー在庫の車で、本体価格が600万円であれば、90万円~120万円の値引きが得られる可能性があります。

まとめ

072152
輸入車でも下取りがあります。国産車と同様で、下取をいきなり申し出ると、全てをごちゃ混ぜにされてしまう場合もあるので、下取に出す前に中古車として査定してもらうことが大切です。

もし、下取りに出すより買い取ってもらった方が得であれば、買い取ってもらってもいいのです。あまり駆け引きをしすぎるのは考えものですが、こういうことを頭に入れておくといいでしょう。

私はかんたん車査定ガイドで愛車を高く売りました!

車査定実例
車の乗り換え時に地元の業者で車査定するとたったの6000円にしかなりませんでした。

しかし、

かんたん車査定ガイドを使うことで愛車は105,900円で売ることができました!!
この査定額はディラーへの価格交渉にも使えるので、無料で査定してらもらうだけでも損をすることはありません。

登録まで1分もかからず、すぐに簡易見積り額が送られてきたので、すごく簡単に車の査定額がわかりました!

車査定会社一覧

\ 公式ページへ移動します /

かんたん査定記事下PC